“快適車中泊”“電気使いホーダイ”両立!?「スペーシア ベース」「N-VAN」がホンキのアウトドア仕様といえるワケ

スズキ新型「スペーシア ベース」に設定されたディーラーオプション「外部電源ユニット」の活用方法について、見ていきます。N-VANでは「外部電源入力キット」という名称でディーラーオプション設定される装備です。

屋外の電源サイトの電気を車内で使える!

 スズキは2022年8月26日に新型軽商用車「スペーシア ベース」を発売しました。シートアレンジ/荷室アレンジの段階から車中泊用途をかなり意識した設計となっているほか、マルチボード(標準装備)が広いテーブルにもなるなど、さまざまなアウトドア用途を想定した設計が魅力の一台です。

 そんな新型スペーシア ベースには、ある条件がそろうと室内のコンセントの電気を自由に使えるオプションがあるといいます。また同様のオプションはホンダの軽商用車「N-VAN」にも存在。どのような機能があるのでしょうか。

電源サイトの電気を車内で使えるオプション(画像はN-VANの「外部電源入力キット」)
電源サイトの電気を車内で使えるオプション(画像はN-VANの「外部電源入力キット」)

 アウトドアの開放感を気軽に楽しめるオートキャンプ場。その設備を見ると、電源サイトが併設されている場所もあるといいます。

 区画のなかに利用者向けのコンセントがついていて、調理用器具や暖房器具をはじめさまざまな家電製品を使用できるのが魅力です。

 そんな電源サイトをより便利に使えるのが、新型スペーシア ベースにディーラーオプション設定されている「外部電源ユニット」。N-VANでは「外部電源入力キット」という名称でディーラーオプション設定されています。

 このオプションを使うと、電源サイトの電気をテールゲート付近の端子から車内に取り込み、エンジン停止中でも車内のコンセントが利用可能になるのです。最大1500Wまで使えるので、使える家電の種類も幅広いといえます。

 エンジンを停止した状態でも、クルマのバッテリーあがりを気にする必要は無用。

 当然ドアや窓を開けっ放しにする必要もないので、虫が侵入する心配も無くなります。

 またオートキャンプ場以外でも、発電機や自宅、店舗などから電気の供給を受けるような活用パターンもあるということです。

※ ※ ※

 テレワーク用途や移動店舗としての活用など、広い車内も生かすことでさまざまな使い方が考えられます。小さいボディながら、大きな可能性を秘めているといえるでしょう。

スズキ・スペーシア のカタログ情報を見る

ホンダ・N-VAN のカタログ情報を見る

【画像】車内でたっぷり電気使えるぜ! 超便利な装備とは? 新型「スペーシア ベース」とあわせて見る(89枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. コードリール積んでおけば、コンビニ、ドラッグストアー、道の駅等の屋外のコンセントからも使えますね‼️

    • それは、盗電行為になりませんか?その昔、JKが自販機のコンセントから携帯充電してて、訴えられたヤツ😅
      事前に管理者から許可を得て使用していないと、確か盗人と同じですょ?🤔

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー