打倒「ヤリスシリーズ」! 単一車種でランキング上位を狙う「本当の人気車」3選

販売台数ランキングで上位の常連となっているのがトヨタの「ヤリス」や「カローラ」ですが、両車は「シリーズ」として合算された台数で集計されており、単独車種の販売台数を見るとランキングの顔ぶれがかなり変わります。そこで、本当に売れている人気車をピックアップしました。

シリーズ合算ではなく「単一車種」で人気のクルマは?

 新車の人気動向を確認するうえで参考にされるのが、一般社団法人日本自動車販売協会連合会が毎月公表している「新車販売台数ランキング」です。

 登録車の月々の登録台数を集計したランキングですが、車名による「ブランド別」となっているため、上位の常連であるトヨタ「ヤリス」は別車種ともいえる「ヤリスクロス」や「GRヤリス」が、また「カローラ」も「ツーリング」や「スポーツ」「カローラクロス」までが含まれた数字となっています。

 これは戦略的にブランディングされているともいえますが、必ずしも1モデルでは圧倒的な人気とはいい切れません。

 そこで「単独車種として何が売れているのか?」を見ていくと、顔ぶれがかなり変わってきます。実際に売れているクルマはどのようなモデルがあるのでしょうか。

e-POWER専用車になった日産「ノート」(3代目)
e-POWER専用車になった日産「ノート」(3代目)

●日産「ノート」(3代目)

 コンパクトなサイズに適度に快適な広さの居住空間、さらに先代から搭載されたシリーズ式ハイブリッド「e-POWER」の専用車として生まれ変わった日産「ノート」。

 見た目や排気量からコンパクトカーに分類されていますが、ショートノーズ&ロングデッキのスタイルが特徴の5ドアハッチバックです。

 ノートは可愛らしさを排除したシャープなフロントマスクを採用。プレミアムモデルの「ノート オーラ」も好評で、老若男女を問わず乗れる普遍性と適度な高級感を身につけました。

 全長4045mm×全幅1695mm×全高1520mmと5ナンバーに収まるサイズながらホイールベースは2580mmで、後部座席も窮屈感はほとんど感じません。

 ここに発電用の1.2リッター直列3気筒エンジン+駆動用モーターを搭載し、まとまり感のあるエクステリアで車格もBセグメント以上の高級感を感じさせます。

 もちろん28.4km/L(WLTCモード)という低燃費や、駆動はモーターのみというEVに近い乗り味も魅力的。

 充電設備が増えているとはいえ、電気自動車は不安という人でも、ガソリンエンジンで発電するe-POWERであれば、市街地から長距離まで不安なく走行できるのもポイントです。

【画像】ヤリスシリーズより上!? 単一車種で売れまくる「ノート」「ルーミー」「ライズ」(25枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. ノートとノートオーラはサイズも違うし、ヤリスシリーズと同じカウント方式。
    ここで挙げるのは不適当。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー