目の前に「富士山ドーン」は偶然か必然か 「設計者からの贈り物」山アテ道路とは

道路の正面に山が現れることがありますが、これは設計された結果の景色なのでしょうか。山の多い日本を走ってみると、このような「山アテ」道路が実は都会から地方まで存在します。

全国各地にある「道の先に山」

 道を走っていると、景色が開けて目の前に大きな山がドーンと現れることがあります。

 堂々とした山容は見ていて気持ち良く、その眺めを“特等席”から堪能できるのもドライブの醍醐味の一つと言えるでしょう。

 このように、正面の山へ続いている道を「山アテ道路」といいますが、果たしてそれは偶然できるものなのでしょうか。

新東名高速から見た富士山(画像:写真AC)
新東名高速から見た富士山(画像:写真AC)

 中央道の下り(名古屋方面)を走っていると山梨県内の韮崎ICを過ぎた辺りで、大きな八ヶ岳が正面に現れます。

 路肩には「八ヶ岳連峰/最高峰(赤岳)2899m」と書かれた標識が。道路を管理するNEXCO中日本によると、こういった山を案内する標識は「単調な走行を楽しくさせたり、道路利用者に適度な刺激を与えることで、利用者サービスや交通安全の向上を図ることや、道路利用者の位置確認のために設置」しているといいます。

 ちなみに同じ区間の上り(東京方面)では、遠くに富士山が顔をのぞかせています。

 関越道の下り(新潟方面)では、群馬県内の高崎ICを過ぎた辺りで、正面に榛名山を望めます。

 高速道路だけではありません。

 青森市の国道7号では、20kmほど先にある県内最高峰の岩木山(標高1624m)を正面に捉えられる直線区間が900mほど存在。津軽富士の異名を持ち、太宰治が『津軽』で「十二単を拡げたようで、透き通るくらいに嬋娟たる美女」とたとえた山容を鑑賞できます。

 このように、山の多い日本では山アテ道路の例がいくつも挙がりますが、もちろん、地形や街並みにあわせてルートを選んだ結果、「山アテ」になってしまったという区間もあるでしょう。

 しかし、意図して山アテにしたと考えられる道路もいくつかあります。

【画像】気持ち良い景色! 走りたくなる各地の「山アテ道路」を写真で見る(15枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 関越道で群馬にいく時、ドカンと目の前とはいかずとも、上州のあかぎ.榛名.妙義山.浅間山も綺麗に見えるビュースポットあり。日光男体山だって見えるんですよ!冬は越後の雪を勝った山が見えとてもうつくしい。
    また高崎から東関東自動車道に分岐して間もなく、高速道路が上ります。このときの赤城山を見て❗「裾野は長し赤城山」と地元「上毛カルタ」に詠われているように、とにかく綺麗‼️
    高崎から東関東自動車道を9~10キロ走った所、赤城山の全景が見られます。車を停めて見られないのが残念です。Vistaスポットを造ってもらえたらうれしいです。群馬県出身代表として投稿しました。