復活確定! ホンダ新型「フィットRS」はMT設定あるか!? 黒顔はまさかの「中国逆輸入」か?

ホンダは新型「フィットRS」を2022年秋に発売予定です。すでに公開された先行情報や画像から、どのようなことが分かるのでしょうか。

黒グリル採用の新型「フィットRS」

 2022年8月5日、ホンダは2022年秋にマイナーチェンジを予定している「フィット」の先行情報をホームページで公開し、スポーティタイプとして「RS」が復活することを明らかにしました。

 内外装や装備、ボディカラーの情報などが一部公開されていますが。新型フィットRSはどのような仕様で登場するのでしょうか。

2022年秋に登場する新型「フィットRS」
2022年秋に登場する新型「フィットRS」

 現行モデルのフィットは4代目で、2020年2月に登場。今回のマイナーチェンジでは、2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」のモーター出力がアップしてアクセル応答性が向上するほか、前述のとおり新タイプのRSが追加。

 また高級感ある仕立てのタイプ「LUXE(リュクス)」は新たな顔つきで登場する一方、4代目から設定された「NESS(ネス)」というスポーティタイプはRSと入れ替わる形で廃止となります。

 新タイプのRSについて現在判明している情報としては、減速セレクターやNORMALモード・SPORTモード・ECONモードから走行モード選択できるドライブモードスイッチがe:HEV車に向けて専用装備されます。ドライバーがより積極的に運転を楽しめるになったといえるでしょう。

 その一方、走りを積極的に楽しむという観点では、新型フィットRSにMT仕様が設定されるのかも気になるところ。

 新型フィットRSに搭載されるパワートレインは、他タイプと同じくe:HEV車とガソリン車のふたつが設定されます。

 公開された新型フィットRSの内装写真を見るとストレート式のシフトレバーが採用されていますが、画像内にドライブモードスイッチの採用が確認できるため、e:HEV車と考えられます。

 今後公表されるであろう新型フィットRSのガソリン車に関して、トランスミッションがどのような設定となるのか注目されます。

※ ※ ※

 新型フィットRSでは、メッシュ状の黒いフロントグリルを採用したフロントフェイスも特徴的。マイナーチェンジ前は、SUV風ルックの「CROSSTAR(クロスター)」以外は全車がグリルレス風のデザインを採用していたため、従来との違いがより際立っています。5つのタイプとは異なる純正カスタムコンプリートカー「ModuloX」にも近い雰囲気です。

 じつはこの意匠、中国仕様のフィット(合弁企業「広汽ホンダ」が販売)や、中国市場における姉妹車「ライフ」(もうひとつの合弁企業「東風ホンダ」が販売)とも類似性のあるグリルデザインです。

 いままでとはひと味違う顔つきを魅力に感じて、新型フィットRSに好印象を持つユーザーも出てくるかもしれません。

ホンダ・フィット のカタログ情報を見る

【画像】黒顔強調でスポーティ! ホンダ新型「フィットRS」の姿とは? 実車を画像で見る(21枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ディーラーで情報聞いてきたけど、MTは無いみたいだな。
    確かに中国仕様っぽい顔だけど、日本仕様オリジナルのデザインだね。