マイルドハイブリッドのマツダ「MAZDA3」「CX-30」拡充! 内装も進化し予約開始

マツダが「MAZDA3」「CX-30」を一部改良し、予約受付を開始しました。

「e-SKYACTIV G 2.0」搭載車を設定

 マツダは2022年8月4日、コンパクトカー「MAZDA3」とクロスオーバーSUV「CX-30」を一部改良し、予約受付を開始しました。

一部改良を受けた「MAZDA CX-30」
一部改良を受けた「MAZDA CX-30」

 両モデルとも、今回の改良では、直噴ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G 2.0」が、マイルドハイブリッドシステムを組み合わせた「e-SKYACTIV G 2.0」に変わります。

 減速エネルギー回生による環境性能向上と、発進時のモーターアシストによる静かで上質な加速を実現。WLTCモード燃費は現行モデルと比べて約0.6km/L改善した、15.5~17.3km/Lといいます。

 これによりパワートレインのラインアップは、MAZDA3は「SKYACTIV-G 1.5」「e-SKYACTIV G 2.0」「SKYACTIV-D 1.8」「e-SKYACTIV X」の4つ、CX-30は「e-SKYACTIV G 2.0」「SKYACTIV-D 1.8」「e-SKYACTIV X」の3つになりました。

 また、グレードが再編されています。e-SKYACTIV G 2.0、SKYACTIV-D 1.8搭載車の上級グレードを「Proactive Touring Selection」に集約し、上級インテリア加飾や自動防眩ルームミラー(フレームレス)採用を実施。

 そして本革内装をメーカーオプション設定し、MAZDA3はバーガンディレザーパッケージ(ファストバックのみ)、ブラックレザーパッケージの2種類、CX-30はホワイトレザーパッケージ、ブラックレザーパッケージの2種類を用意しています。

 一部改良したMAZDA3は228万8000円から384万2280円(消費税込)で9月下旬以降発売、CX-30は245万8500円から391万5980円(同)で8月下旬以降発売の予定です。

マツダ・CX-30 のカタログ情報を見る

【画像】精悍顔に上質内装!一部改良後の「MAZDA3」「MAZDA CX-30」を見る(10枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント