ダイハツ、鮮烈レッド採用の最上級車・新「アルティス」投入! 生誕23年目に進化!?

ダイハツは2022年8月1日に一部改良モデルの「アルティス」を発売しました。新たなボディカラーが採用されたといいますが、どのような色なのでしょうか。

価格は406万3000円から426万1000円

 2022年8月1日、ダイハツは「アルティス」を一部改良したと発表、同日より発売しました。

 じつはダイハツのラインナップのなかで最上級車でもあるアルティスですが、今回どのような改良を受けたのでしょうか。

一部改良を受けたダイハツ「アルティス」
一部改良を受けたダイハツ「アルティス」

 アルティスは、歴代を通じてトヨタからOEM供給を受ける大型セダンで、OEM元車種は「カムリ」です。

 初代アルティスは2000年に登場。4代目アルティスは、ダイハツ登録車として初のハイブリッド車かつハイブリッド専用車としてラインナップされ、5代目となる現行アルティスは5代目となります。

 ベースのカムリにあわせておこなわれた今回の一部改良では、ボディカラーに「エモーショナルレッドIII」が新設定されました。モノグレード展開で、駆動方式は2WDとE-Four(電気式4WD)の2種類。価格(消費税込)は406万3000円から426万1000円です。

 それではここでクイズです。

 アルティスという車名について、ダイハツはどのような言葉が由来と説明しているでしょうか。

【1】遊び心

【2】優秀な

【3】機能充実

【4】高い地位

※ ※ ※

 正解は【4】の「高い地位」です。

 初代アルティス発売時のプレスリリース内で、ダイハツは車名について「英語『Altitude』からの造語でダイハツ最上級車に相応しい『高い地位』という意味を表します」と説明しています。

※クイズの出典元:カーデイズ

●カーデイズ 公式ウェブサイト

ダイハツ・アルティス のカタログ情報を見る

【画像】ダイハツ、最上級車の新「アルティス」発売! その姿とは? 実車を画像で見る(10枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント