「甘楽スマートIC」に名称決定! 上信越道の甘楽PAに接続 こんにゃく&製糸場めぐりに使える?

上信越道の甘楽PAに接続するスマートICの名称が「甘楽スマートIC」に決定しました。どのように便利になるのでしょうか。

吉井IC~富岡IC間にある甘楽PAに整備

 甘楽町(群馬県)とNEXCO東日本高崎管理事務所は2022年7月28日、上信越道の甘楽(かんら)PAに接続するスマートICの名称が「甘楽スマートIC」に決定したと発表しました。

上信越道・甘楽スマートICの完成イメージ(画像:NEXCO東日本)
上信越道・甘楽スマートICの完成イメージ(画像:NEXCO東日本)

 甘楽PAは、上信越道の吉井IC(群馬県高崎市)から4.2km、富岡IC(同・富岡市)から4.7kmに位置します。

 甘楽スマートICは、この甘楽PAに接続し、ETC搭載の全車種が全方向で24時間利用できるようになる計画です。

 国土交通省の資料によると、甘楽スマートICの整備により付近の天引工業団地へのアクセス性が向上。また、富岡製糸場やこんにゃくパーク、大名庭園「楽山園」といった周辺の名所をめぐる新たな周遊ルートが形成され、観光産業の活性化が期待できるといいます。

 このスマートICは、2016年に国土交通省から、必要性が確認できる箇所として準備段階調査箇所に選定され、2017年には事業化が決定。その後、甘楽町とNEXCO東日本高崎管理事務所で事業が進められてきました。

 甘楽スマートICの開通は2022年度に予定されています。

【地図】上信越道に新たにできる「甘楽スマートIC」の位置を確認する

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント