ついに1億円超えのレクサス「LFA」登場! 超ド派手「レッドボディ」に驚愕!? 和製スーパーカーが米国で出品

レクサスが誇るスーパーカー「LFA」。新車価格3750万円だったLFAですが、海外のオークションサイトでは1億円超えの価格で取り引きされています。

海外のオークションに1億円超えのレクサス「LFA」が!?

 トヨタの技術力が注ぎ込まれた“和製スーパーカー”となるレクサス「LFA」。
 
 新車価格3750万円だったLFAですが、海外のオークションサイトでは1億円超えの価格で取り引きされています。

ついに1億円を超えたレクサス「LFA」の市場価値! 赤ボディが眩しい! 極上仕様を発見!(Photo:Motorsport Network. )
ついに1億円を超えたレクサス「LFA」の市場価値! 赤ボディが眩しい! 極上仕様を発見!(Photo:Motorsport Network. )

“スーパーカー”といえば、フェラーリやランボルギーニといった輸入車を思い浮かべる人も少なくないでしょう。

 日本では、“スポーツカー”は豊富にラインナップされていますが、“スーパーカー”は歴史的に見てもあまり多くありません。

和製スーパーカーといえば、古くはトヨタ「2000GT」やホンダ「NSX」、日産「GT-R」、光岡「オロチ」といったモデルに加えて、LFAが挙げられます。

 LAFは、2010年から2012年にかけて、レクサスから500台限定で生産されたスーパーカーです。

 パワートレインには、4.8リッターV型10気筒エンジンを搭載し、最高出力560馬力、最大トルク48.9kgmを誇るうえ、カーボンを多様することで車両重量は1480kgと軽量に抑えられ、最高速は325km/hを記録します。

 フロントのフレームにアルミ素材を活用することで、FR駆動のスポーツカーでありながら、前後重量配分48:52というMR駆動のモデルのような重量配分により、輸入車のスーパーカー顔負けのハンドリング性能やコーナリング性能を実現しました。

 そんなLFAの新車価格は3750万円でしたが、海外のオークションサイト「duPont REGISTRY」では1億円を超える価格で取引されています。

 このように国産車が1億円以上の価格で取り引きされることは珍しく、それほど出展されたLFAがプレミアであることがうかがえます。

 出展されたLFAは2012年に生産された車両となっており、総走行距離はおよそ6200kmと非常に低走行距離です。

 さらに、この車両のオーナーは過去に1人のみ。エクステリアにはツヤが残り、エンジンルームも非常に状態が良く、大切に保管されていたことがわかります。

 真っ赤なボディに、シートなどの内装はブラックのレザーが基調とされていますが、シートの背面はレッドが差し色とされており、スポーティな印象となっています。

 整備記録や車検証、マニュアルなどがしっかりと積載され、必要な書類が揃えられた状態です。

 そうした書類が残されていることにより、万が一の故障の際にも適切な修理を受けることができるため、実際の走行も安心といえます。

 このLFAには、84万9900ドル(約1億1600万円)の価格がつけられていますが、希少性を考えると、まだまだ値上がりする可能性はありそうです。

レクサス・LFA のカタログ情報を見る

【画像】超ド派手なLFA!? 赤レッドボディが1億円超え! 凄すぎる実車を見る!(27枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. LEXUSなんて金だせば買える。
    LEXUSってブランドnameだけで飛びつく人達。
    RB26エンジン搭載のRは買いたくても、金あっても買えない。
    このLEXUS購入する人って、自慢したがり?目立ちたがり?運転下手な人は自宅車庫に飾るか、事故して大破さすのがオチ。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー