車の「オートライト」が義務化されたワケは? 実は決まってる点灯・消灯基準

現在発売されている新車には、「オートライト」が法律で義務化されています。これにより夕暮れ(薄暮)時のライトのつけ忘れは過去の光景となりつつありますが、なぜオートライトは義務化されたのでしょうか。

オートライトとはどういうもの? 仕組みと使い方

 夜にクルマを運転するとき、ドライバーの前方視認性を高め、安全に運転するためにヘッドライトは必ず点灯させなければなりません。

2020年4月に新型車のオートライトが義務化された
2020年4月に新型車のオートライトが義務化された

 道路交通法は第52条「車両等の灯火」で、「車両等は夜間(日没時から日出時までの時間をいう。…略…)、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあつても、同様とする。」と定めています。

 このヘッドライトは、2016年10月に道路運送車両の保安基準が一部改正され、これにより2020年4月以降に発売される新型車にはオートライト機能の装着が義務化されています(継続生産車については2021年10月以降から義務化)。

 そもそもオートライトとは、照明センサーが周囲の明るさを検知し、ヘッドライト(前照灯)の点灯・消灯を自動で行う機能のことです。

 オートライト自体は、これまでも高級車や上位グレードなどに標準搭載されていた機能であり、目新しいものではありません。

 しかし、従来のオートライトと義務化後のオートライトにはいくつか違いがあります。

 主な点としては「車両価格やグレードに関係なくすべての新車に装着が義務化されたこと」「点灯・消灯する際の周囲の明るさや応答時間に明確な基準が設けられたこと」「手動で消灯ができなくなったこと(駐停車中など一部条件下は除く)」の3点です。

 点灯・消灯については、義務化後のオートライトの場合、周囲の明るさが1000ルクス未満になると2秒以内に点灯する必要があり、7000ルクスを超えると5秒から300秒以内に消灯する必要があります。

 また、利用方法についてもいくつか変わった点があります。

 トヨタのオートライトを例にすると、従来は「AUTO」「車幅灯、尾灯など一部のライトを点灯」「ヘッドライトを含めすべてのライトを点灯」「消灯」の4段階のポジションを、ハンドル脇のレバーのスイッチで自由に操作できるものでした。

 一方、オートライト義務化後に発売されたトヨタ「ヤリス」だと、「AUTO」「消灯」の2段階に簡略化されており、通常時、レバーのスイッチはAUTOの位置に固定されています。

 消灯の位置で1秒以上保持するとライトが消灯するようになっていますが、改正後の保安基準に従い、消灯の位置で保持したとしても停止中でないと消灯しないつくりとなっています。

【画像】「流れるウインカー」はもう古い! 流行りの「デイライトも兼ねるウインカー」を見る(11枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 制限速度以上出ない車や一時停止で止まる車、飲酒検知、免許証確認、車間距離検知など他にも色々ある

  2. そもそも照明式メーターが普及して、メーターが見づらくなる事が無くなったのも、ライト点灯する意識が薄らぐ原因だろうね。
    オートライト付きの車、オートの位置でディーラーで点検するとオフにされてしまう。オフにされるよりもオートにされる方が苦情が多いらしい。自分のタイミングで点けたいらしいが、そうなるとかなり暗くなっているだろうね。燃料節約したいんだろうね。あるいはバッテリーに負担掛けたくないですかね。
    僅かなコストケチってリスク大きくするなんて阿呆らしい。ケチったツケがオートライト義務化して車の価格上昇となったかな。