日産「リーフ」がデザイン一新! 黒マスク&新ロゴの新顔 約370万円から米で発売

米国日産がハッチバックEV「リーフ」の2023年型を発売しました。どのような仕様に進化したのでしょうか。

デザインを一新し、ラインアップは簡素化

 日産の米国法人は2022年6月21日、ハッチバックEV「リーフ」の2023年型を北米市場で発売すると発表しました。

 デザインを一新し、ラインアップは「S」と「SV PLUS」の2車種に絞り簡素化しています。

日産「リーフ」(北米仕様)
日産「リーフ」(北米仕様)

 リーフの2023年型は、外観はグリル、フロントマスク、ヘッドライトのデザインを変更し、新たに17インチのマルチスポークホイールをオプション設定しています。

 内装は、ブラッククロスのシート表皮に、Sではグレー、SV PLUSではグロスブラックのフィニッシャーを新たに採用。また、内外装に新しい日産ブランドロゴを採用しています。

 安全運転支援機能は、「日産セーフティ・シールド360」を全車に標準装備し、衝突回避や衝突被害軽減などをサポート。

 さらにSV PLUSには、「プロパイロット・アシスト3」と「インテリジェント・アラウンドビュー・モニター」も搭載しています。

 走行性能は、Sは40kWhのバッテリーと147kWのモーターを搭載し、147hpを発揮、一充電あたりの航続距離は最大240km。SV PLUSは60kWhのバッテリーと160kWのモーターを搭載し、214hpを発揮、一充電あたりの航続距離は最大341kmとなっています。

 現地での価格は、Sが2万7800ドル(約370万円)、SV PLUSが3万5800ドル(約480万円)です。

日産・リーフ のカタログ情報を見る

【画像】日産ロゴが光る! スポーティ顔&黒マスクの新「リーフ」を画像で見る(36枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント