スバルが巨大SUV新型「アセント」発表! 新デザイン採用の3列モデル! 新旧何が変わった? 米国で刷新

スバル「アセント」の2023年モデルが米国で発表されました。スバル最大にして唯一の3列シートを有するアセントですが、従来モデルと比べてどこが進化したのでしょうか。

存在感スゴイ! 新型アセントがアメリカで登場!

 スバルの北米法人は、「アセント」2023年モデルを発表し、2022年秋に発売することを明らかにしました。

 アセントはスバルが北米で販売するモデルで、南米やアジアなどでは「エヴォルティス」という名称で展開されています。

フォレスターみたいなデザインになったスバル新型「アセント」(2023年モデル)
フォレスターみたいなデザインになったスバル新型「アセント」(2023年モデル)

 3列シートSUVのアセントのボディサイズは全長4998mm×全幅1930mm×全高1819mm、ホイールベースは2890mmとスバル最大。日本ではトヨタ「ランドクルーザー」と同等のサイズ感で大型SUVといえますが、北米では中型に分類されます。

 2018年のデビューから4年が経過し、アセントはデザインを大きく変更しました。従来モデルとの違いはどのようなところにあるのでしょうか。

 新型アセントの大きな特徴はフロントマスクの変更です。従来モデルもコの字のヘッドライトを装着していましたが、新型アセントは最近のスバル車に多く採用されている小ぶりのヘッドライトを搭載。

 さらに、ブラックのフロントグリルは中央のスバルエンブレムから左右に伸びるメッキ加飾(一部グレードはブラック)が追加され、まるで「フォレスター」のようなデザインになりました。

 スバルは「BOLDER」というデザインコンセプトを採用しており、小型のヘッドランプに大きなヘキサゴングリルを組み合わせてたくましいフロントフェイスを実現しており、新型アセントでもこのコンセプトが取り入れられることになります。

 また、フロントバンパーも新形状となり、車両下部の空気の流れを改善するために下端部に新エアダクトを搭載。フォグランプベゼルなども新デザインを採用しました。

 リアも最近のスバル車に共通するコの字のテールランプを採用。従来モデルとはひと味違う、存在感のあるスタイルに進化しています。

【画像】デカフォレスター!? 迫力スゴすぎな5m級のスバル新型SUV「アセント」を画像で見る(26枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント