予想よりも4倍受注!? 新型軽EV「eKクロスEV」がスゴい! 正式発売は6月16日に!

2022年6月16日、三菱は新型軽EV(電気自動車)「eKクロスEV」の発売を開始します。5月20日から始まった先行注文では、早くも目標の4倍の台数を受注しています。

先行オーダーした57%のユーザーが上級グレード「P」を選択

 三菱は、2022年6月16日より正式に発売開始となる新型軽EV(電気自動車)「eKクロスEV」の先行注文状況について発表しました。

三菱の新型軽EV(電気自動車)「eKクロスEV」
三菱の新型軽EV(電気自動車)「eKクロスEV」

 三菱 新型eKクロスEVは、SUVテイストの軽自動車「eKクロス」シリーズの新ラインナップで、一充電走行距離180km(WLTCモード)を実現したEVモデルです。

 上級グレードの「P」(293万2600円)と、スタンダードグレード「G」(239万8000円)の2グレード構成です。

 国による令和3年度補正予算「クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」および、令和4年度予算「クリーンエネルギー自動車導入促進補助金」を受けた場合、実質的な購入金額(消費税込)は184万8000円からと、通常のガソリンエンジンを搭載する軽自動車並みの価格となります。

 新型eKクロスEVは、2022年5月20日より先行注文を開始していますが、三菱によると、約1か月となる6月12日時点で、約3400台の受注を獲得したといいます。

 これは、当初の月販目標台数850台に対し、4倍の受注台数となります。

 なお先行受注の構成比では、上級グレードのPが57%を占めています。

 Pグレードでは、SOSコールや9インチスマートフォン連携ナビゲーション、LEDフロントフォグランプや15インチアルミホイールなどを標準装備しています。

 Pグレードを選んだユーザーの86%は、さらに先進運転支援機能「マイパイロット パーキング」や「マイパイロット」を含むパッケージメーカーオプション「先進安全快適パッケージ」を選択しました。

 加えて「プレミアムインテリアパッケージ」のメーカーオプションも、29%のユーザーが選択しています。

 ボディカラーの構成比では、「ナチュラルアイボリーメタリック」が18%を占め、次いで「ホワイトパール/ブラックマイカ」の2トーンカラーが16%、「ミストブルーパール/カッパーメタリック」が12%、「ミストブルーパール」が12%と続いています。

 三菱によると、補助金の活用により、ガソリン車と遜色ない実質購入金額をはじめ、日常使いに十分な航続距離と自宅で充電できる手軽さ、SUVテイストのアクティブな外観デザインや、広々とした快適な室内空間などが購入者から好評を得ていると説明します。

 なかでも、自治体独自の補助金制度を設けている地域のユーザーや、家族で複数のクルマを所有するユーザーを中心に注文を多く集めているとのことです。

三菱・eKクロス のカタログ情報を見る

【画像】補助金込みの消費税込価格は「184.8万円」から! 三菱 新型軽EV「eKクロスEV」の写真を見る(22枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント