発見できたらラッキー! 内外装に“隠れキャラ”を仕込んだ宝探しみたいなクルマ3選

クルマの内外装にはデザイナーの遊び心が盛り込まれているものがあります。クルマのモチーフやマークが隠されているモデルを3台紹介します。

“隠れ〇〇”見つけられる?

 最近のクルマはさまざまな法律(保安基準)に則ってデザインされていることから、昔のような大胆で独創的なモデルが登場しづらくなっているといわれています。

 その一方、デザイナーの遊び心を存分に盛り込んだクルマも存在。

 たとえば、スズキの軽自動車「ラパン」は、フランス語で「ウサギ」を意味しており、その名の通りウサギのモチーフがドアパネルの内側やリアウインドウの熱線、メーター表示などに隠されていて、たくさんの“隠れウサギ”を探すのも楽しみのひとつとなっています。

 内外装にモチーフを隠したクルマはほかにもあります。最近登場したモデルのなかから、3車種ピックアップして紹介します。

ホンダ新型「ステップワゴン」
ホンダ新型「ステップワゴン」

●ホンダ新型「ステップワゴン」

 2022年5月27日に発売された、6代目となるホンダ新型「ステップワゴン」。ステップワゴンのモチーフが、エクステリアとインテリアに数か所隠されています。

 SNSでも“隠れステップワゴン”の存在が話題になっていますが、そのなかのひとつとして、助手席のダッシュボードに設けられた「インパネトレー」に秘密があります。

 インパネトレーに敷かれたゴム製のマットを取り外して裏返すと、初代から6代目までの歴代ステップワゴンのシルエットが描かれているのです。

 今回の新型ステップワゴンでも「隠れ〇〇チーム」が発足して、どのようなモチーフを仕込むかを話したといいます。

 ホンダは、ほかの車種でも「隠れ〇〇」を取り入れており、ウインドウ部分にシルエットが隠れていることや、歴代モデルのロゴが配置されるなど、開発者の想いが詰まっています。

【画像】“隠れステップワゴン”の演出がニクいね~! 遊び心ハンパない「隠れ〇〇」を探せ!(37枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント