トヨタ攻めすぎ!? 新型GRカローラ「5ドア2シーター」ガチ仕様がスゴすぎる! 「クレイジーすぎ」と話題

TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は2022年6月1日に「GRカローラ RZ」を世界初公開。また限定モデルとして同時発表した「GRカローラ モリゾウエディション」の驚くべき仕様がSNSで話題に。どういった特徴があるのでしょうか。

トヨタ攻めすぎ!? モリゾウエディションの特徴とは?

 TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は2022年6月1日、「GRカローラ モリゾウエディション」を世界初公開。

 同時発表された「GRカローラ RZ」はカローラ単独モデルのスポーツカーは22年ぶりとなり多くのユーザーから注目が集まっています。

 そんななかモリゾウエディションは、今回台数限定モデルとして登場。その驚くべき仕様にSNSではユーザーから多くの反応が寄せられています。どういった特徴があるのでしょうか。

5ドアなのに2シーター!? トヨタ攻めすぎな「GRカローラ モリゾウエディション」が話題
5ドアなのに2シーター!? トヨタ攻めすぎな「GRカローラ モリゾウエディション」が話題

 モリゾウエディションは、マスタードライバーのモリゾウ(トヨタの豊田章男社長)が強くこだわりを持つ「お客さまを魅了する野性味」を追求したグレードとなっています。

 ボディサイズは全長4410mm×全幅1850mm×全高1475mmと、通常グレードのRZと比較して全高が少し低くなっており、ウィンドウにはモリゾウのサインが施されているなど、細かなこだわりも見られます。

 パワートレインには最高出力304馬力を発揮する1.6リッター直列3気筒ターボエンジンを搭載。中回転域のトルクを高めることで加速性能が向上し、最大トルクは370Nmから400Nmへ向上しています。

 このほか、構造用接着剤を3.3m追加で塗布したことによるボディ剛性の強化や、10mm拡幅したハイグリップタイヤを採用しコーナリング時の安定性・ブレーキ性能を向上が実現。

 このように、豊田章男社長が自ら試作車のハンドルを握り、こだわりを持って作り込まれたことで、細かい部分までの工夫が感じられます。

 なかでもRZとの大きな違いとして、モリゾウエディションではリアシートを撤去し、乗車定員を2人にしたことで約30kgの軽量化を実現しています。

 このため、5ドアでありながら2シーター仕様となっており、その徹底した軽量化についてSNSでは「アキオさんクレイジーすぎる」「良い意味で頭おかしくて好き」「トヨタ尖ってる」「良い意味で変態だ!」など多くの反響が寄せられています。

※ ※ ※

 GRカローラ モリゾウエディションは、台数限定での販売となり、予約抽選は2022年秋頃から、発売は同年冬頃の予定です。

 価格が発表されていないことから、SNSで予測するユーザーの声も多く見られますが、今後の動きに期待が高まります。

トヨタ・カローラ のカタログ情報を見る

【画像】「リアシートない!!」トヨタが攻め過ぎな「GRカローラ モリゾウエディション」を発表! 実車を画像で見る(51枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント