長野道「筑北スマートIC」に名称決定 バス停跡に整備して筑北村役場までの時間を短縮

長野道の安曇野IC~麻績IC間で建設が進んでいるスマートICの名称が、「筑北スマートIC」に決定しました。

安曇野IC~麻績IC間に新設

 筑北村(長野県)とNEXCO東日本長野工事事務所は2022年5月30日、長野道で建設を進めているスマートICの正式名称を「筑北スマートIC」に決定したと発表しました。

筑北スマートICの完成イメージ(画像:NEXCO東日本)
筑北スマートICの完成イメージ(画像:NEXCO東日本)

 筑北スマートICは、安曇野ICから14.2km、麻績(おみ)ICから9.0kmの本城バス停(2020年12月廃止)跡地に整備されます。

 本線直結型で、ETCを搭載した全車種の24時間・全方向の利用が可能。筑北村による2030年の計画交通量は1日700台です。村道や国道403号に接続します。

 このスマートICが開通すると、JR篠ノ井線の西条駅(村役場)から麻績ICまでの所要時間は15分から8分に、安曇野ICまでは33分から11分にそれぞれ短縮されます。

 筑北スマートICは、2022年度内に開通する予定です。

【地図】筑北スマートICの位置を確認する(4枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント