全国初!「道路+新幹線」の併用橋10月開通へ 新九頭竜橋で国道8号の渋滞緩和に期待

九頭竜川にかかる鉄道道路併用橋の「新九頭竜橋」が、2022年10月に開通する予定です。北陸新幹線と福井県道268号の橋が一体となっているこの橋は、新幹線と道路の併用橋としては全国で初めてといいます。

北陸新幹線の開業に先立ち、福井県道が開通へ

 福井市北部の九頭竜川に架かる「新九頭竜橋」が、2022年10月22日に開通します。

 5月17日に福井県庁で開かれた定例の記者会見で、杉本達治県知事が発表しました。

建設が進む新九頭竜橋。2021年8月撮影(画像:福井県)
建設が進む新九頭竜橋。2021年8月撮影(画像:福井県)

 新九頭竜橋の特徴は、福井県道268号福井森田丸岡線と北陸新幹線の橋が一体的に造られた「鉄道道路併用橋」であることです。新幹線と道路の併用橋は全国で初めてといいます。

 橋は、道路が線路の両側を通っており、橋脚を共有しています。長さは、道路の上流側が416m、新幹線と道路の下流側が414m。道路は片側2車線で、歩道を含んだ幅は各11mです。

 県道268号は、国道416号の福井市開発町を起点に北上し、九頭竜川を渡り坂井市に至る計画で整備が進められています。新九頭竜橋は、国道8号の「福井大橋」より下流1kmに位置しており、10月22日には、この新九頭竜橋を含む2.2kmの区間が4車線(片側2車線)で開通する予定です。

 杉本知事は「(福井大橋をはじめ)南北方向の渋滞が激しいですが、(新九頭竜橋の開通により)渋滞が緩和されてくるのではないか」と期待の言葉を述べています。

 なお、この新九頭竜橋を通る北陸新幹線の金沢~敦賀間は、2024年春に開業する予定です。

【写真】クルマの横を新幹線が走る! 新九頭竜橋の完成イメージを見る(9枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント