スバル新型SUV「ソルテラ」一部仕様が“年度内分完売”!? 早くも受注終了!

スバルは新型「ソルテラ」について、2022年度生産分のソーラールーフ装着車の受注を終了したと、公式サイトで明らかにしました。5月12日に受注を開始したばかりの新型EVでした。

ソーラールーフ装着車が受注終了

 スバルは、2022年5月12日に受注を開始した新型EV「ソルテラ」について、ソーラールーフ装着車(2022年度生産分)の受注を終了したと、公式サイトで明らかにしました。

スバル新型「ソルテラ」
スバル新型「ソルテラ」

 ソルテラは、スバル初のグローバルEVとして開発されたSUVタイプのモデルです。トヨタと共同で開発され、トヨタ版モデルは「bZ4X」として発売されます(bZ4Xはリース専用車として展開)。

 そしてソーラールーフはソルテラの上級グレード「ET-HS」にメーカーオプション設定される装備で、ルーフに内蔵したソーラーパネルで発電。

 駐車中はバッテリーを充電するほか、走行中はランプなどに給電して電力消費を抑え、航続距離の延長に貢献する装備としてラインナップされています。

 スバルは、ソルテラの国内販売台数として初年度はひと月あたり150台を計画しているとアナウンスしていました。

 スバルの担当者は、ソルテラのソーラールーフ装着車の受注台数が当初の生産計画に達したことで、今回の発表に至ったと説明しています。

【画像】一部仕様が「もう完売!?」 スバル新型SUV「ソルテラ」はどんなクルマ? 画像で見る(37枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー