爆速の新型「NISSAN Z」初公開!ド迫力ウイング&赤ミラーが激かっこいい! 大注目レースカーの実力はいかに

日産とNISMOは2022年6月に開催される「富士24時間レース」に新型「Nissan Z」(日本名:フェアレディZ)をベースにしたレースカーで参戦することを明かしています。5月10日には24時間レース前の公式テストが開催され、Zレースカーがお披露目されました。

爆速! 新型「Zレースカー」どんなクルマ?

 2022年5月10日、スーパー耐久シリーズ2022の公式テストが富士スピードウェイでおこなわれました。
 
 そこでは、新型「Nissan Z」(日本名:フェアレディZ)をベースにしたレースカーをお披露目し、実際のテスト走行模様も公開しています。

ついに新型「NISSAN Z」のレースカーお披露目! その速さに驚きを隠せない!
ついに新型「NISSAN Z」のレースカーお披露目! その速さに驚きを隠せない!

 日産とNISMOは、2022年4月28日に同年6月4日・5日に富士スピードウェイで開催される「NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース」に新型Nissan Zで参戦することを明かしています。

 富士24時間レースは、スーパー耐久シリーズの第2戦として開催されるもので、参加車両は改造範囲によってクラス分けされ競い合います。

 今回、新型NISSAN Zがエントリーするのは「ST-Qクラス(他クラスに該当しない、スーパー耐久機構[STO]が認めた開発車両が参戦するクラス)」です。

 このST-Qクラスには、現在水素エンジンを搭載するトヨタ「カローラスポーツ」、カーボンニュートラル燃料を使用したトヨタ「GR86」とスバル「BRZ」、バイオディーゼル燃料を使用するマツダ「MAZDA 2」などが参戦をしており、自動車メーカーの開発車両が多く参戦しています。

 今回の新型NISSAN Zは、標準車をベースとしつつレースカーへと改造されています。

 エクステリアでは、白いボディカラーに赤いドアミラーというアクセントを施しており、「白×赤」というNISMOカラーをイメージしているようです。

 フロントでは、けん引フックやボンネットピンを装着するほか、ボンネットに大型ダクトを左右2つ設けています。

 リアには、GTウィングが装着されているほか、標準車では左右2本出しマフラーでしたが、新型NISSAN Zでは右後方のみへと変更されているようです。

 また、インテリアでは左ハンドル仕様なのがわかるほか、レースカーならではのロールケージが張り巡らされているようです。

 今回、富士24時間レースの参戦に向けては、テスト参戦という形式でNISMOから1台。

 また「フェアレディZ」での同シリーズ(ST-3クラス)への参戦経験が豊富なMax Racingを加えた2台でを戦います。

 参戦ドライバーは、NISMO 230号車が平手晃平選手、松田次生選手、ロニー クインタレッリ選手、星野一樹選手、佐々木大樹選手の5人体勢。

 Max Racing 244号車が田中哲也選手(監督兼任)、田中徹選手、三宅淳詞選手、高星明誠選手、安田裕信選手の5人体勢となります。

 日産/NISMOは今回の参戦について「新型Nissan Zのさまざまなモータースポーツカテゴリーでの活用の可能性を探るための実戦データを得るため、また24時間というタフなレースを通じてクルマを鍛え、Zにふさわしい、ワクワクするレースカーの開発を目指すため」と説明しています。

※ ※ ※

 なお、公式テストにおいて平均して1分50秒台を記録。その速さを見せつけておりホームストレート上で何台ものクルマを追い抜いていく様子が印象的でした。

 6月4日・5日の富士24時間レース本番にどのような走りを見せるのか、注目されること間違いなしです。

日産・フェアレディZ のカタログ情報を見る

【画像】これはカッコイイ! 爆速な新型「NISSAN Z」の実車を見る!(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント