高速SA・PAの間隔は決まってる? トイレやガソリンで慌てないための雑学 SAとPAは何が違うのか

高速道路を長距離にわたって走るとき、SAやPAはドライバーにとって欠かせない休憩施設です。そんなSAとPAは、実は設置間隔に目安があるといいます。どのくらいの間隔なのでしょうか。

SA・PAの設置間隔ってどのくらい?

 高速道路を長距離にわたって走るとき、安全運転のためにひと休みしたり、トイレに行ったりなど、休憩する必要があります。

 そこで欠かせないのがSAやPAですが、これらは実は設置間隔に目安があります。実際に、どれくらいの間隔で設置されているのでしょうか。

高速道路のPAのイメージ
高速道路のPAのイメージ

 NEXCO中日本の担当者は、「PAは約15km、SAは約50kmが目安となっています」と説明します。

 しかし一方で「最大でPAは約25km、SAは約100kmの間隔で設置することも可能です」と話すように、前述の間隔はあくまでも目安といえます。

 では、なぜこの間隔でSAやPAが設けられているのでしょうか。その理由について、前出の担当者は以下のように話します。

「この設置間隔は、お客さまの休憩室への立ち寄り状況やその道路の特徴を考慮した上で、目安を基準に決めています。SA・PAの間隔が近いと建設費も手間もかかるため、お客さまが満足できる快適な距離感を意識した場合、PAは約15km、SAは約50kmが目安となりました」

 では、SAとPAは設置間隔こそ異なりますが、それ以外では具体的に何が違うのでしょうか。

【写真】SAで食べたい「デカ盛り」メニュー(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント