ロンブー亮がスズキ名車「カルタスGT-i」を購入! 「買います」宣言に反響

お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さんがスズキ「カルタス 1300GT-i」を150万円で購入! 自身のYouTubeチャンネル「田村亮のYouTube」の動画で紹介しています。

名ホットハッチ「カルタスGT-i」はどんなクルマ?

「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さんが、自身のYouTubeチャンネル「田村亮のYouTube」を更新。スズキ初代「カルタス 1300GT-i」(以下、カルタスGT-i)を購入する様子を動画で紹介しています。

 1980年代の名車として知られる国産ホットハッチ・初代カルタスGT-iですが、どのようなクルマなのでしょうか。

スズキ初代「カルタス GT-i」
スズキ初代「カルタス GT-i」

 初代カルタスは、1983年に登場。当時、スズキと提携関係にあったGMとの共同開発で生まれた世界戦略車でもあります。

 ボディは比較的オーソドックスなデザインの2ボックス・3ドアハッチバックで、Cd値0.38という空力性能の良さも特徴でした。

 優れた経済性を誇ったものの、その後競合車とのパワー競争に参戦。その結果、1986年に誕生したのが前述の初代カルタスGT-iです。

 搭載される1.3リッター直列4気筒エンジンは、同排気量では日本初となるDOHCエンジンで、最高出力97馬力を発揮。1987年には110馬力まで性能が向上します。

 またクロスレシオの5速MTや、165/65R13の高性能ラジアルタイヤ、前輪大径ベンチレーテッドディスクブレーキ、強化されたサスペンションの採用と、ホットハッチとしての本格ぶりが注目されました。

 その後、1988年にフルモデルチェンジされ2代目が登場。2代目カルタスでも、スポーティモデルとしてGT-iが設定されました。

※ ※ ※

 前述の動画では、亮さんがリペアを済ませた初代カルタスGT-iに大興奮しながら「買います!」と宣言。

 亮さんが購入したカルタス1300GT-iは、1987年式で走行距離約8万1000キロ。車検整備付きで価格は総額150万円でした。

 視聴者からは「購入おめでとうございます!」「すばらしいチョイスだと思います」などと反響が寄せられています。

 ちなみに、亮さんは「田村亮のYouTube」の動画でトヨタ3代目「スターレット」の高性能モデル「スターレット ターボS」(通称:スタタボ)を愛車として紹介するなど、以前から旧車好きとして知られています。

スズキ・カルタス のカタログ情報を見る

【画像】ロンブー亮さんが「買います」宣言! スズキ名車「カルタスGT-i」はどんなホットハッチ? 画像で見る(8枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント