オールシーズンタイヤってぶっちゃけどうなの? 1年半愛車に装着してわかったホンネの○と×とは

最近ではほとんどのタイヤメーカーから販売されているのが「オールシーズンタイヤ」です。春夏秋のドライ/ウエット路と冬のスノー路で走行できるといいますが、実際はどうなのでしょうか。タイヤのことを日本一知っているモータージャーナリストが、自分のクルマに1年半装着してみました。

都会のマンションに住む人にはメリットが大きい

  オールシーズンタイヤがいま、静かなブームになっています。

筆者の愛車に装着したオールシーズンタイヤ。ミシュラン「クロスクライメート+ZP」だ
筆者の愛車に装着したオールシーズンタイヤ。ミシュラン「クロスクライメート+ZP」だ

 一度オールシーズンタイヤを履くと、その便利さについつい甘えてしまう、というユーザーが徐々に増えているそうです。

 じつは筆者も2020年12月から自分のクルマにオールシーズンタイヤを履いています。そのメリット、デメリットを自分で体験したかったからです。すでに夏は1シーズン、冬は2シーズン過ごし、間も無く走行距離は2万kmになります。

 ちなみに筆者のクルマはBMW「320i」(G20型)。装着したオールシーズンタイヤはミシュラン「クロスクライメート+ZP」で、タイヤサイズは225/50R17 98W XLになります。

 BMWはランフラットタイヤが標準装着なので、オールシーズンタイヤもランフラットタイヤにしました。クロスクライメート+にはZP(ゼロプレッシャー)という表記されるランフラットタイヤが用意してあります。

 また、クロスクライメート+からさらに進化したクロスクライメート2が2021年冬に発売になっています。

※ ※ ※

 自分のクルマに装着して1年半。そこでわかった真実を書いておきます。

 それまで冬の始まりにスタッドレスタイヤに交換し、春先に夏タイヤに交換するという手間がかからなくなったことは大きいです。いつのタイミングで交換するか、日程調整をしなくてもいいのは気が楽です。

 また冬の間は夏タイヤを預かってもらい、夏の間はスタッドレスタイヤを預かってもらう費用がかからなくなります。もちろん自宅にガレージや物置がある人はそこに置いておけばいいのですが、それでも4本のタイヤが占めるスペースは大きいです。スタッドレス用のホイールを別に買わなくても済むことも経費節減になります。

 メリットがたくさんあるオールシーズンタイヤですが、非降雪地帯(雪が降らない地域)のユーザーには適していますが、雪国での使用には合わないと思います。それは雪上グリップと氷上グリップは、スタッドレスタイヤのほうが上だからです。日本の厳しい雪国の環境をクルマで走るには、やはりスタッドレスタイヤが一番いいと思います。

 非降雪地帯のユーザーがスキーやスノボに出かけるとか、年に何回か降る雪のときに走らなければならない人に向いているのがオールシーズンタイヤです。

 実際に筆者は冬のシーズンは何回か雪道を走り、蓼科の女神湖で凍った湖面も走りました。とくに氷上では、確かにスタッドレスタイヤよりグリップ限界は低いのですが、それでもなんとか走ることができます。

【画像】冬道はご用心! 最新オールシーズンタイヤを見る(37枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. G20は後輪駆動モデルですよね。アイスバーンでのパフォーマンスは全く期待してないのですが、アイスバーンではない通常の圧雪上り坂を登れたかどうかのデータはありますか。私は一つ前のモデルですが、オールシーズンではなくスタッドレスで圧雪上り坂を登れなかったことが複数回あり今はBMW は乗ってません。下から勢いつけて数十メートルは進めますが、上まで登りきることはできません。個人的には布チェーンを保険に携帯するのであれば最初からスタッドレスにします。

  2. 夏冬の区別だけではなくオールウェザー、ラフ、マッド性能まで込みにしてのラジアルタイヤとして、値段と性能部分から、冬タイヤとしてはスタッドレス比較で大体ハーフ性能のタイヤで満足できるかは、路面環境が異なる地域をまたいで移動することが多いドライバーにとってのオールシーズンタイヤの利点は大きいという形でコラムを書いてくれると良かったかな。
    冬の降雪規制下では、スタッドレスでもスノーフレークマーク付きオールシーズンでも、チェーンやベルト必須なのは変わりませんしね。

    • まだコスパがいいとは思えない。
      合理的なのか中途半端なのか?あと2世代進化すれば合理的なタイヤになりそうですね。

  3. 2シーズン目は殆ど最初の威力は発揮出来ないでしょうね
    少しでも圧着されてない坂道で積雪があれば上がれないと思います
    そうなるとサマータイヤと何ら変わらない
    スタッドレスで上がれなかったって人いますけどこれからは四駆をオススメします
    二駆では限界がありますからね
    全てスタッドレスにしても動くのは前の二本だけ