「同じ車種なのに700万円差!?」上級グレードがやけに高すぎる国産高級車3選

グレードラインナップが豊富な車種の場合、同じクルマでも価格差が大きく生じるケースが少なくありません。特に高級車では、エンジンラインナップに加え先進機能や快適装備にも違いもあり、数100万円単位で差が出る場合も。そんな「同じクルマで価格差が大きい」モデル3選をご紹介します。

価格差ありすぎなのにはちゃんと理由がある!

 クルマには通常、ユーザーの需要に合わせ複数のグレード設定が用意されてます。
 
 装備や機能差に加えエンジン種類や駆動方式の違いで50万円以上も価格が上がることは多く、数100万円単位で差異がある車種も珍しくはありません。
 
 今回はそんな「価格差が大きい」クルマ、なかでも上級グレードがやけに高すぎる国産高級車3選をお届けします。

トヨタ アルファード(上)最安値の「X」/(下)最高値の「Executive Lounge S」
トヨタ アルファード(上)最安値の「X」/(下)最高値の「Executive Lounge S」

●価格差415万5000円! トヨタ「アルファード」

 まずは高級ミニバンの代表格、トヨタ「アルファード」。

 現在のアルファードはいくらで買えるのでしょうか。

 もっとも安い「X」(2WD・2.5リッターガソリン車)の価格(消費税込み、以下同)は359万7000円。「あれ、意外と安い!」と感じた人もいるかもしれません。

 一方で、芸能人や財界人、政治家など各界のVIPたちに愛されているのは、アルファードのなかでももっとも上級なグレード「Executive Lounge S」。

 価格は775万2000円(4WD・ハイブリッド)で、最安値グレードXとは実に415万5000円も差があります。

 しかしExecutive Lounge Sには、大型サイズで左右が独立した2列目(セカンド)シートが備わり、後席乗員の優遇ぶりが魅力となっています。

 シートの素材はプレミアムナッパ本革製で、温熱・ベンチレーション機構が付き、リクライニング機構やオットマンは電動式です。

 格納テーブルなども備え、ビジネスクラスのような仕立てとなっており、価格差なりの満足度は非常に高そうです。

●価格差705万3200円! 日産「GT-R」

 2021年10月に一部改良を実施し、最新の最強版特別仕様車「T-spec」が登場した日産のスーパースポーツモデル「GT-R」。

 2007年末のデビューからすでに15年目を迎えていますが、年々改良と進化を遂げており、最新のGT-Rは今も世界中から熱烈な支持を集め続けています。

 デビュー当初は700万円台から購入することができたGT-Rですが、2022年4月現在の価格は「GT-R Pure edition」の1082万8400円からスタート。

 もっとも高いグレードは「GT-R Track edition engineered by NISMO T-spec」で、価格は1788万1600円となります。

 その差は705万3200円。

 しかし日産関係者によるとT-specは瞬く間に予約が殺到し、早々に注文停止となったようです。

 実際、日産のGT-R公式サイトを観てみると「非常に多くのご注文をいただいている関係で、新規の商談並びに、ご注文の受付を停止させていただいております」(2022年4月21日現在)とあります。

 最新・最強のGT-Rを求めるユーザーにとっては、700万円の差も大きな問題にはなっていないようです。

●価格差721万円! レクサス「LS」

 レクサスの最高級セダン「LS」は、3.5リッターV型6気筒ツインターボエンジンの「LS500」シリーズと、3.5リッターV型6気筒エンジン+マルチステージハイブリッドシステムを組み合わせた「LS500h」シリーズのふたつがラインナップされています。

 最新のFRプラットフォームをベースに、LS500、LS500h共に2WD(後輪駆動)と4WD(四輪駆動)仕様が用意されており、それぞれにさまざまなグレード・仕様が設定されていることから、価格帯も幅広いものとなっています。

 もっとも安いモデルは「LS500“I package”」(2WD)で1071万円からです。

 最安といっても、運転席・助手席シートヒーター&ベンチレーション機能付の本革シートが備わるなど、その価格にふさわしい上級装備は十分に揃っています。

 もっとも高い価格は「LS500h“EXECUTIVE Advanced Drive”」(4WD)で、1792万円です。その価格差は721万円。

 一番大きな違いは“Advanced Drive”にあります。これは高度運転支援技術「Lexus Teammate」の新機能で、いわゆる“自動運転”の一種です。

 高速道路上で、ドライバー監視のもと高機能な自動運転機能が作動します。

 ちなみにAdvanced Driveのつかない「LS500h“EXECUTIVE”」(4WD)は1731万円なので、61万円で最新の自動運転機能がプラスされることになります。

「せっかく最高級モデルを買うなら最新・最良のものを」と考えるなら、狙うべきはAdvanced Drive付きかもしれません。

※ ※ ※

 LSのような1000万円級の超高級車は別ですが、一般にクルマの価格設定は、スターティングプライスが最重要視されるといいます。

 これは、ベースグレードのお得感ある印象付けにより、まずユーザーの興味をもたせるためです。

 その弊害もあります。たとえば最初に紹介したアルファードのようなケースです。

 ベースグレードが300万円台から買えるクルマの最上級版が700万円台と、同じ車種内で400万円以上も格差がついたりするのです。

 そんなアルファードも、外観上はどのグレードも価格差ほどの違いがないのも事実です。

 近年、アルファードのなかで量販グレードとなっている特別仕様車「S “Type GOLD II”」(2WD・2.5リッターガソリン車)でも424万円と、500万円以下で買えるグレードが多く存在しています。

 実際にアルファードの販売状況も、2.5リッターガソリン車のシェアが500万円台以上するハイブリッド車を上回っているようです。

 アルファードの2021年度(2021年4月から2022年3月)における販売台数は7万9726台(一般社団法人 日本自動車販売協会連合会調べ)。

 軽自動車を除くランキングで7位。上位6車種は低価格のコンパクトモデルばかりで、高価なアルファードは異質な存在となっています。

 しかし「高そうに見えるのに実はお得!」という一面も、高級車アルファード人気を支える重要な要素となっているのは間違いなさそうです。

トヨタ・アルファード の中古車をさがす

日産・GT-R の中古車をさがす

レクサス・LS の中古車をさがす

【画像】高いのには理由がある!? 高級3モデルのゴージャスすぎる内外装写真をもっと見てみる(22枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

トヨタ アルファード(上)最安値の「X」/(下)最高値の「Executive Lounge S」

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. × 数100
    ○ 数百
    国語ができる人はおらんのか?
    読んでるこっちが恥ずかしい