SA・PA直結!「世界の七不思議」再現、スキー&温泉、おもちゃ博物館…高速降りずに観光できる東日本のハイウェイオアシス3選

高速道路のSA・PAと連結し、高速から降りずに施設利用や観光ができるハイウェイオアシス。今回は、東日本にあるユニークなハイウェイオアシスを3か所紹介します。

トイレや食事、買い物だけじゃない!

 首都高初のハイウェイオアシスが、2022年4月25日にオープンしました。

 川口線の上りにある川口PAと、埼玉県川口市の「イイナパーク川口」(赤山歴史自然公園)が連結。「関東最大級の遊び場」という全天候型の遊具施設「ASOBooN(アソブーン)」なども開業しています。

 このようにハイウェイオアシスは、高速道路のSAやPAとともに、その土地の公園や地域振興施設、観光施設などが併設されています。

 そこで今回、東日本から、目的地にしたくなるような魅力的なハイウェイオアシスを3か所紹介します。

上信越道・佐久平PA直結の「佐久スキーガーデンパラダ」(NEXCO東日本)
上信越道・佐久平PA直結の「佐久スキーガーデンパラダ」(NEXCO東日本)

ゲレンデ直結「佐久平PA」

 上信越道の佐久平PA(長野県佐久市)は、スキー場「佐久スキーガーデンパラダ」と直結しています。PAの駐車場からジャンボエスカレーターを登るとゲレンデに着きます。

 ゲレンデは南北の2エリアに分かれており、初級から上級まで計7つのコースを楽しめます。

 夏季は、木々をネットでドーム状に囲った「カブトムシドーム」が出現し、カブトムシやオオムラサキなどの昆虫観察が可能です。多目的広場では、ふわふわの遊具や芝そり遊びも楽しめます。

 遊び疲れた後は、天然温泉の露天風呂「みはらしの湯」で、汗を流すこともできます。

 なお、佐久平PAはスマートICも併設されており、このスマートICを介してUターンすることも可能です。

【写真】もっとある! 東日本の主なハイウェイオアシスを見る(9枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント