世界初公開された“オニ顔”セダン BMW新型「7シリーズ」に最強のMモデル!2023年後半登場

2022年4月20日に世界初公開された7代目となるBMW新型「7シリーズ」ですが、Mモデルが用意されていることがわかりました。600馬力以上・1000Nm以上という、これまで市販されたMモデルのなかで最強となり、2023年後半に登場する予定です。

Mモデル史上最強のスペックを誇る

 独BMWは2022年4月20日、BMW新型「7シリーズ」を欧州で発表しました。

BMW「M760e xDrive」。PHEVで2023年春に登場予定だ
BMW「M760e xDrive」。PHEVで2023年春に登場予定だ

 BMW7シリーズは、初代が1977年に登場したBMWのフラグシップセダンです。

 今回登場した新型7シリーズは7代目で、モデルコードは「G70」になります。

 新型7シリーズのボディサイズは全長5391mm×全幅1950mm×全高1544mm、ホイールベースは3215mmという、いわゆるラグジュアリーセグメントです。ロングホイールベースモデルになります。

 フロントマスクは、先日欧州で発表された新型「X7」同様、上下に2分割されたライトを採用。上部にはスリムな形状の「クリスタルヘッドライト」を搭載しています。フロントグリルは大型のキドニーグリルで、これは光るグリルとなっています。

 今回発表されたのは、BEV(電気自動車)の「i7 xDrive60」、ガソリンモデルの「735i」「740i」「760i xDrive」ですが、ハイパフォーマンスモデル「Mモデル」が用意されていることも判明しました。

 新型7シリーズをベースにしたMモデルは、2台登場する予定です。

 1台は「M760e xDrive」で、571馬力・800Nmを発生する4.4リッターV型8気筒ツインターボエンジンに40馬力のモーターを搭載するプラグインハイブリッド(PHEV)となります。このM760e xDriveは2023年春に登場する予定です。

 もう1台は、BEVの「i7」をベースとした「i7 M70 xDrive」です。

 こちらはフロントアクスルとリアアクスルにふたつのモーターを備えたxDrive(4WD)モデルです。まだ最終的なパワースペックは決定していないようですが、600馬力をはるかに超える最高出力と、1000Nmを超える最大トルクを発生する、これまで市販された一般道走行可能なMモデルのなかでもっともハイスペックになります。

 これにより、0−100km/h加速は4秒未満というパフォーマンスを発揮する予定です。i7 M70 xDriveは2023年中に市場導入される予定です。

BMW・7シリーズ のカタログ情報を見る

【画像】オニ顔がさらにイカツく! BMW新型「7シリーズ」のMモデルを画像で見る(26枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント