エンブレムが光る!? 日産「リーフ」がスポーティ顔に一新! 斬新ホイール採用し米で登場

日産「リーフ 2023年モデル」が米・ニューヨーク国際自動車ショーで発表されました。新しいリーフはデザインが一新されます。

空力を向上させるパーツを採用

 日産の米国法人は2022年4月13日、「リーフ」の改良モデル(2023年モデル)をニューヨーク国際自動車ショーで発表しました。

フロントフェイスが一新した日産「リーフ 2023年モデル」
フロントフェイスが一新した日産「リーフ 2023年モデル」

 リーフ 2023年モデルの外観は、フロントグリルやバンパーモール、ヘッドライトをリフレッシュしたほか、ブラックインナーフィニッシャーを新たに採用するなどスポーティに刷新。新デザインの「NISSAN」バッジはイルミネーション仕様となります。

 さらに、四隅のタイヤディフレクターやリアアンダーディフューザー、リアスポイラーの形状を変更し、空力性能が向上しました。

「S」と「SVプラス」のふたつのグレードが設定され、SVプラスにはアグレッシブな新型5スポーク17インチアルミホイールを標準装備します。

 インテリアの変更として、ステアリングホイールに新しい日産バッジを、インパネ画面にはスタートアップビデオを採用。

 ブラッククロスが標準装備され、Sはグレーフィニッシャー、SVプラスはグロスブラックフィニッシャーとなります。

 Sは40kWhのリチウムイオン電池と110kWの電気モーターを搭載し、147ps/236lb-ftのトルクを発揮。SVプラスは、60kWhのリチウムイオンバッテリーと160kWの強力な電気モーターを搭載し、214ps/250lb-ftのトルクを発生します。

 また、SVプラスには、インテリジェントクルーズコントロールとステアリングアシストの技術を組み合わせた「プロパイロット・アシスト」が標準装備されます。

 プロパイロット・アシストには、車両を完全に停止させ、その場で保持し、再び発進したときに車両を元の速度に戻すことができる「ストップ&ホールド機能」を搭載しました。

※ ※ ※

 2021年に発売されたリーフ 2022年モデルは価格が引き下げられ、2万7400ドルから3万5400ドル(約346万円から約447万円)で販売されましたが、2023年モデルも同様の価格帯となるようです。

 リーフ 2023年モデルは2022年夏に北米で発売される予定です。

日産・リーフ のカタログ情報を見る

【画像】ホイールのデザイン攻めすぎじゃない!? 「NISSAN」バッジがピカっと光る新しい「リーフ」(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント