スバル新型SUV「ソルテラ」日本仕様発表! 567km走れる実用的なEV登場! 2022年5月受注開始

スバル初のグローバルEVとして新型「ソルテラ」の日本仕様が発表されました。航続距離は最高567kmを実現し、エンジン車と変わらない実用性を確保しています。

悪路に強いSUVタイプのBEV登場!

 スバルは、2022年4月14日に新型SUV「ソルテラ」(日本仕様車)を発表しました。

 新型ソルテラはSUVタイプのBEV(バッテリーEV)で、スバル初のグローバルEVとして日本をはじめ、北米、中国、欧州など海外でも展開されます。

2022年5月に受注が開始されるスバル新型「ソルテラ」
2022年5月に受注が開始されるスバル新型「ソルテラ」

「安心と愉しさ」というスバルならではの価値を詰め込むことで、地球環境に配慮しながらも、これまでのスバル車と同様に安心して選んでもらえる実用性を実現しました。

 新型ソルテラは、前輪と後輪をそれぞれ別のモーターで駆動する、BEVならではの新しいAWDシステムを採用。

 前後輪を直接モーターが駆動するため、従来のエンジン車のAWDシステム以上に緻密な駆動配分を可能にし、4輪でしっかり路面を捉えた安心感のある走りを実現します。

 また、従来のスバルSUVと同様に、悪路での安心感を高める「X-MODE(2モード、ヒルディセントコントロール付)」を搭載するとともに、悪路でも車両を安定させながら一定速度での走行を可能にする「グリップコントロール」を追加。

 悪路走行時に一定の車速(約2km/hから10km/h)を自動で維持し、ステアリング操作に集中できる制御としてグリップコントロールをX-MODEに新設定することで、アクセルやブレーキ操作が難しい凹凸の大きな悪路や滑りやすい路面を走行する際のドライバー負荷を大幅に軽減します。

 さらに、BEV専用プラットフォームとしてトヨタと共同開発した「e-スバル Global Platform」を採用しました。

「スバルグローバルプラットフォーム」の開発などを通じて培った知見・技術を盛り込み、走り・実用性・安全性など、あらゆる面で性能を強化。

 操縦安定性が高く、ドライバーのステアリング操作に対してリニアに反応する、スバルらしい動的質感の高い走りを実現します。

 また、高出力の大型リチウムイオンバッテリーが高い動力性能に寄与するとともに、水冷式温度調整システムを採用し、環境に左右されない安定した性能を発揮します。

 安全機能として、単眼カメラとミリ波レーダーを用いた予防安全パッケージ「スバルセーフティセンス」を搭載。「プリクラッシュセーフティ」や「レーダークルーズコントロール」「レーンデパーチャーアラート」など最新機能を装備し、さまざまなシーンでの安全運転を支援します。

 加えて、駐車を支援する「Advanced Park」を装備。車両の周囲を超音波センサーとビューカメラで検知しつつ、ステアリング、シフト、アクセル、ブレーキのすべてを制御して、「並列バック駐車」「並列前向き駐車」「並列前向き出庫」「並列バック出庫」「縦列駐車」「縦列出 庫」の6つのパターンで駐車・出庫を支援します。

 ほかにも、車外からスマートフォンの専用アプリを操作することで、遠隔操作で駐車・出庫することができます。

 さらに、新開発のBEV専用ボディにより、従来のスバル車と変わらない世界トップレベルの衝突安全性能を実現。電池の保護については、ボディの高強度化だけでなく、衝突検知時の電源カットなどのフェイルセーフ機能を織り込むことで、万が一の際の安全にも配慮しました。

【画像】未来っぽいスバル新型「ソルテラ」登場! 左右に分かれたデュアルスポイラーがカッコいい!(34枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント