「600万円SUV」をサブスク契約!? トヨタ新型「bZ4X」発表に「時代だなぁ」の声 “ペット不可” 等の禁止事項に懸念する人も?

トヨタは新型「bZ4X」を正式発表しました。これについてユーザーからはどういった声があるのでしょうか。

トヨタ新型EV「bZ4X」サブスク販売にユーザーの反応は?

 トヨタは、新たなEV戦略のbZシリーズ第1弾モデルとなる新型「bZ4X」を2022年4月12日に正式発表しました。

 今回の発表で個人利用はサブスク販売のみと明かされましたが、これを受けユーザーからはどういった声が寄せられているのでしょうか。

トヨタ新型「bZ4X」公式発表! ユーザーの反応は?
トヨタ新型「bZ4X」公式発表! ユーザーの反応は?

 bZ4Xは「Activity Hub」をコンセプトに、乗員全員が楽しい時間や空間を共有できる、ワクワク感のあるクルマを目指して開発されました。

 プラットフォームには、スバルと共同開発した「e-TNGA」をトヨタ初採用し、低重心・高剛性化により、魅力のある走りを実現。

 さらにバッテリー式電気自動車(BEV)の安心と安全を追求し、高い電費性能(128Wh/km)、実用上十分な航続距離(559km)を確保しています。

 グレードは「Z」のみのラインナップでFWDと4WDが用意されます。

 参考価格(消費税込)は、FWDが600万円、4WDが650万円です。

 今回の発表では、BEVの電池性能やメンテナンス・残価に関するユーザーへの不安解消や、電池を全数管理し、3R(リビルト・リユース・リサイクル)を含め無駄なく使用しカーボンニュートラルに貢献するため、全数リースで販売するとしています。

 このため、個人利用ではサブスクリプションサービス「KINTO」専用プランでの提供となります。

 なお法人ユーザーへは、全国のトヨタレンタリース店ならびにトヨタモビリティサービス(東京地区)からのリースで提供されます。

 bZ4Xの個人利用は購入ではなくサブスク販売となりましたが、ユーザーからはどういった反応が見られるのでしょうか。

 ユーザーからは、「サブスクオンリーか…時代だなあ」「クルマは借りる方が賢い」「サブスク販売かー」など、サブスクのみの契約方式に反応するユーザーの声が多数見られました。

 所有車についてサブスクでの利用事例が少ないことから、イメージが湧かないというユーザーもいるようです。

 価格については、「高すぎる…」と感じているユーザーがいる一方で、「KINTOでいくらになるんだろ…」「KINTOなら手に届くか?」など人によって捉え方は異なります。

 また、KINTO利用の際は喫煙やペットの乗車、車両の改造、競技走行は禁止事項となっていることから、「ニッチ層にとっては不便かも」「せめてペット許可して」などの声もありました。

 さらに充電器に関して、「急速充電施設がどこまで充実できるか重要」「充電器増やしてー!」の声も多くあげられています。

 これについて、トヨタは公式リリースで以下のように説明しています。

「充電インフラの拡充にも取り組んでいきます。

 今後のBEV普及進度を踏まえつつ、2025年を目途に、全国のトヨタ販売店に急速充電器を設置していく計画です。

 まず本年は、BEV需要が高い地域を中心に順次設置を進めていきます」

※ ※ ※

 bZ4Xの発売は5月12日が予定されており、第1期として3000台分の申込みを受付け、秋口には第2期、その後順次受付け、初年度は5000台分の生産・販売を予定としています。

>月額定額制で新車に乗れる! 今話題のトヨタのサービス「KINTO」はこちら

【画像】デザインが未来的!? トヨタ新型「bZ4X」の実車を画像でチェック!(49枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント