斬新デザインで選べない!?「いちばんカッコいいSUVは?」最新国産車3モデルの“顔”を見比べてみた

2022年4月、トヨタ「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」とスバル「ソルテラ」が相次いで発売を開始しました。先行発売済みの日産「アリア」と共に、2022年に登場した最新BEV(電気自動車)の印象的なフロントデザインについて比較します。

国産3メーカーからプレミアムBEVのニューモデルが相次いで発売開始

 BEV(電気自動車)のニューモデル、トヨタの「bZ4X」とスバルの「ソルテラ」が2022年4月に相次いで発売を開始しました。

 BEVのデザインは、ガソリン車とはどう異なるのでしょうか。先行して3月より納車が始まっている日産「アリア」と共に、フロントデザインについて比較してみます。

(上)トヨタ bZ4X・スバル ソルテラ/(下)日産 アリア
(上)トヨタ bZ4X・スバル ソルテラ/(下)日産 アリア

 国産各メーカーから、相次いで最新BEV(電気自動車)の発売が始まっています。

 日産は、2020年にワールドプレミア(世界初公開)した「アリア」の国内での第1号車納車を3月9日に実施。価格は539万円(消費税込み、以下同)からとなっています。

 トヨタは「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」を4月12日に、スバルは「ソルテラ」を4月14日に、それぞれ国内での発売を開始しています。

 価格はトヨタが600万円から、スバルが594万円からと、日産含め各社ともプレミアムクラスの価格帯となっているのも特徴です。

 相次いで市場投入が始まっている国産各社の最新プレミアムBEVについて、まず外観の寸法を比較してみましょう。

 アリアのボディサイズは、全長4595mm×全幅1850mm×全高1655mm、ホイールベース2775mmです。

 対するbZ4Xとソルテラはトヨタ・スバルの2社共同で開発されました。

 ボディサイズは、bZ4Xが全長4695mm×全幅1860mm×全高1650mm(アンテナ込み)、ホイールベース2850mm。

 ソルテラは全長が5mm短い(4690mm)以外は、トヨタの兄弟車と同様の寸法となっています。

 アリアに対し、トヨタ・スバル連合の2モデルは全長で約100mm、ホイールベースで75mm長くなっているのが、寸法上の大きな違いです。

【画像】どれがカッコいい!? トヨタ・スバル・日産の最新BEV(電気自動車)3モデルの内外装を写真で見比べてみる(29枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

トヨタ 新型BEV(電気自動車)「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」
スバル 新型BEV(電気自動車)「ソルテラ」
国産プレミアムBEV(電気自動車)比較/(上)日産 アリア/(下)トヨタ bZ4X・スバル ソルテラ
(上)トヨタ bZ4X・スバル ソルテラ/(下)日産 アリア
1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ぶっちゃけどれも微妙