ダイハツ新型「ハイゼット」でガッツリ車中泊!? 超快適な軽キャンパーに変身できるキット発売

ダイハツ新型「ハイゼットカーゴ」に対応可能な軽キャンピングカーキットが発売されました。ベッドやシンクが装備されるなど、快適な車中泊が楽しめます。

新型ハイゼット用の軽キャンパーキット

 株式会社ブレイズが販売する軽キャンピングカーキット「ネクストキャンパー」に、ダイハツ新型「ハイゼットカーゴ」対応モデルが登場しました。

2021年12月にフルモデルチェンジして発売されたダイハツ新型「ハイゼットカーゴ」
2021年12月にフルモデルチェンジして発売されたダイハツ新型「ハイゼットカーゴ」

 ネクストキャンパーとは、3つのグレードからなる軽キャンピングカーキットです。

 日本の職人の手で作り上げた最高品質の家具やベッドマットや業界初の180度回転するシンク、1.5m伸縮式シャワー(車外で使用可)、さまざまな家電製品が使える2000Wインバーター搭載電源といった特徴があります。

 また、デザイン性や機能性、品質、経済性にこだわり、キャンピングカーとしての使用はもちろん、日常生活でも使える一台です。

 2021年12月にフルモデルチェンジして発売された新型ハイゼットは、軽キャブオーバー車において最大クラスの積載スペースを確保。

 多くのユーザーからの要望により、上部キャビネットのフラット化を実現したワイドスペースキットが開発され、シンクを設置して最大限のスペースを確保した標準キット「アクティブ」、電装品とゆったりした空間を備える「リミテッド」、電装・内装・シンクを装備した最上級の「プレミアム」の全3キットが、新型ハイゼット全グレードに対応可能となりました。

 価格(消費税込)は、アクティブキットが43万7800円、リミテッドキットが65万7800円、プレミアムキットが76万7800円です。

※ ※ ※

 新型ハイゼットカーゴは、商用車として初めて「DNGA」プラットフォームを採用。さらに、FR用CVTを軽商用車として初めて採用し、燃費や静粛性、発進性といった基本性能が向上しました。

 また、最新の予防安全機能「スマートアシスト」を搭載することで、安全性も高めています。

ダイハツ・ハイゼットカーゴ のカタログ情報を見る

【画像】大人2人が就寝可能! 車中泊で爆睡できちゃう新型「ハイゼットカーゴ」のネクストキャンパー(19枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 高価なアトレーベースのキャンパーばかりだったけど、ハイゼットベースのが出てきましたか。そもそも軽に4人乗るってパワー的に結構無理があるんで、大人3人も乗ったら重すぎて山間部でノロノロ運転になってしまう。そういう意味で軽はターボ付きを勧められるんだろうけど。軽キャンパーやるなら乗員2人以上を想定している人は少ないんじゃないかな。それこそ1人での利用がメインの人が圧倒的に多そう。だったら最初から2人乗り前提の車で良い訳で。特装車に後部座席の無いハイゼットカーゴ2シーターがあるけど、本来の後部座席足元部分のスペースが最初から空洞になってる分、薪やコンロ、ウッドストーブ、靴箱など汚れ物専用収納スペースにできる。格納すべき後席が無いからその分の容積の荷物の収納に利用可能だ。
    あと、左側の出っ張り(色々と載ってるアレ)が邪魔で大人二人が仰向けで寝られないと思う。男女で横向きにくっついて寝るなら良いけど、野郎同士でくっついて寝るのはちょっと無理がある。使わない時に上にスライドして床面積を確保しないと、かなり窮屈だよ。だから床に設置する前提で設計するのではなく、上の収納とくっつけて、使う時に下にスライドできると床面積が確保でき、寝る時は上にスライドして大人二人が仰向けで並んで寝ることは可能。寝ぼけて膝をガッツりぶつけるかも知れないけど。
    写真で見る分には広く見える。しかし自分は180cm近くあるから分かるんだけど、軽バンの床面積って自分が2人仰向けに寝たらそれ以外全く余裕はないんだ。寝る時に窮屈な思いをするのは嫌だろうし、寝相の悪い人と寝たらくっついてるんで、エルボや蹴りを食らったり大変だと思う。