「邪魔モノにしないで!」 大型トラックが高速道路でゆっくり走行 「なぜ速度出せない?」 実情はいかに

時々右車線にも?トラックが追い越し車線をゆっくりと走行するのはなぜ?

 一方で、高速道路では、大型トラックが追い越し車線を走行し、後続車が詰まっている様子が見られることもあります。

 前述したように、法令では追い越し車線を走行し続けることはできず、さらにトラックの場合、特定の種類の車両の通行区分の標識が出ている区間は、左側の車線しか走行できないことになっています。

 このような規制があるなかで、高速道路の追い越し車線を使ってゆっくりと追い越しをするケースがあるのはなぜでしょうか。

 まず、高速道路での走行について、U氏は以下のように説明します。

「トラックドライバーは一定の速度での走行を心がけていますが、意外とこの『一定の速度で走る』というのが難しいのです。

 こちらが法定速度で巡行していても、速度が安定していない一般車両に少しずつ追いついてしまうといった状況が発生してしまいます。

 もし前方車両に近づきすぎて、そのタイミングで不慮の事態が起こった時、急ブレーキを踏むようなことがあれば積荷が崩れるなどの損害が出てしまいます。

 ですので、安全に一定の速度を保つため、右車線に出て追い越しをするのですが、その際に上限速度の関係から、どうしても後続車が詰まってしまうタイミングがあります」

 ちなみに、大型トラックはその車体重量から、一度スピードが落ちてしまうと、速度を上げるまでには時間がかかってしまうのが実情です。

 アクセルを全開にしても、リミッターで速度が制限されているうえに、速度を上げるのに時間がかかってしまうのであれば、追い越しに時間がかかってしまうのも仕方がないといえます。

時折、車線を塞ぐように大型トラックが走行してることもあるが…その訳は?
時折、車線を塞ぐように大型トラックが走行してることもあるが…その訳は?

 なお、このように大型トラックが追い越し車線を利用している場合には、トラックで2車線が塞がれてしまうという事態も発生することがあります。

 そうした状況について、U氏は「あれも一定速度を保つために追い越ししています」として、以下のようにその実情を話します。

「同じ制限速度、同じスピードリミッターであっても、車種や積載している荷物によって車両重量が違うので、そこから加速する性能やトップスピードに差が出てしまい、どうしてもゆっくりな追い越しになってしまいます」

※ ※ ※

 U氏が話すように、トラックドライバーは常に安全運転を心がけており、決してほかの車両の迷惑になりたいわけではありません。

 デジタルタコメーターで安全運転を監視され、制限速度も80km/hという制約の多いなか、できるだけ早く、そして安全かつ効率的に荷物を届けるために走行しているのです。

 トラックが高速道路でもし右側に車線に出て追い抜きしようとしていたら、車間を詰めてせかすのではなく、車間をあけ、余裕をもった運転でトラックの追い越しを待つことが高速道路全体の安全運転に繋がるといえます。

【画像】大型トラックは都内に入れない? 意外な条件が存在!(13枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. この記事は甚だ疑問。数百メートル以上前のトラックを追走しているトラックを追い越そうとすると、乗用車が追い越し寸前で追い越し車線に割り込んでくるケースが多すぎ。20K/Hの車速の違いがあり、明らかに乗用車の追い越しが見えているはずにも拘わらずこのような危険な行為が、この程度の言い訳で許されるのでしょうか?

  2. この記事を要約するとトラックが追い越し車線をゆっくり走るのは仕方ないということ?ならば、走らなければ良いのでは?前の車に追いつかないように運転すれば良いだけ。そもそも追い越す必要がどこにあるのかを明確にしてほしい。安全に追越しを〜というのであれば、後続の追越車線を走行してる車の速度と自分の車の速度を見極めて、後続車にブレーキを踏ませないような走行をするのであれば、まだ納得はできるかもしれないが、実情そうではないドライバーが多数存在する。そもそも100キロ制限道路で車両速度限界の90キロで追い越してたら、後続が詰まるのは当たり前だし、追突事故になりかねない。運搬上、優先順位が一定に走ることなのか、安全かつ確実に運搬することなのか。この記事では優先順位を前者の一定に走ることに重きを置いてるが、そもそもそこが違う。トラックに限らず、バスやタクシーなどの運搬では車載物(者)を安全かつ確実に運搬することがもっとも大事なのでは?追越車線は反対側にもっとも近くかつスピードを出してる車が多数いることから、意図しない事象に合う確率が跳ね上がると思います。そこまでのリスクを負ってまで追越車線を走行し、速度を一定に保たなければならない理由を明確にしてほしい。1億歩譲って一般道ならまだしも高速などの有料道路では、通行者は個々に通行料を支払っているので、自己都合で運転するものではないということを当該記事では忘れている。この記事を書いた人も記事を掲載するためにチェックした人も教習所からやり直した方がいい。こんなにも主眼がズレている記事を久々に読んで気分悪くなりました。

  3. 抜かさなきゃいいじゃん。
    危ないんだよ。
    柄悪そうな奴らばっかだし

  4. 『車線変更禁止場所での車線移動』や『追い越し車線の90キロ定速走行』など、普通のサンデードライバーや初心者ドライバーがやってしまうような事を大型ドラックの運転手がやっていたのをGW中、九州・中国・阪奈地区など多くの場所で何度も見てきた。

    もう少しプロと思える、普通の小型乗用車しか載っていない人にも尊敬されるようなマナーの運転をして欲しいと思う、、、、それで給料を頂いているのだろうから・・・。

  5. 急減速は御法度だが速度が1キロ2キロ下がったところでそれがどうだというのか?
    そもそもトラックの事情はどうでもいい
    トラックが乗用車側の事情に配慮しろ

  6. 小便ペットボトルのポイ捨てやめたら少しは配慮してやるよ

  7. 追い越し車線走るな。
    それですべてが解決する