トヨタが「本格狩り仕様」を開発!? ゴツ顔も凄いトヨタ「タンドラスポーツマン」とは? 米国ならではの個性派カスタム

米国トヨタのピックアップトラック「タンドラ」をベースとした本格ハンティング用のカスタムカー「タンドラスポーツマン」。ルーフの上に特設されたスペースでハンティングができるほか、キッチンスペース、作業台などが付属したタンドラスポーツマンとは……。

ハンティング用としてルーフ上に特設スペースを確保

 米国トヨタがかつて製作したカスタムカーとして、ハンティング用に最適な装備が追加された「タンドラスポーツマン」が存在しました。

 同社のピックアップトラック「タンドラ」(2代目)をベースに作られましたが、どのようなカスタムが施されていたのでしょうか。

「SEMAショー2010」に出展されたカスタムカー「タンドラスポーツマン」
「SEMAショー2010」に出展されたカスタムカー「タンドラスポーツマン」

 タンドラスポーツマンは、世界最大級のカスタムカーショー「SEMAショー2010」に出展されており、ハンティングのプロチームとバスプロショップのメンバーが協力して開発されました。

 注目は、ルーフ上の特設デッキ。ハンティングをするためのスペースが確保されており、カモフラージュ柄で樹木の中に溶け込むことができます。

 さらにテントも設置されているため、長時間および泊りがけの狩りもできるように設計されています。

 リアフェンダーは開閉式を採用。ライフル銃などのツールをはじめ、アウトドアアイテムやキッチン用品、調理するためのシンクなどを収納することができるうえ、サイドテーブルで作業をするスペースも確保されています。

 ハンティングに必要な洋服や装備を収納できるクローゼットも追加されました。

 インテリアでは、GPSといった電子機器も設置可能。さらに防水性のバケットシートを採用しています。

 フロントフェイスにはカンガルバンパーも設置。エンジンは、5.7リッターV型8気筒ガソリンを搭載。車高を76mm引き上げ、悪路の走行性や渡河性能にも配慮されました。

※ ※ ※

 ユニークなカスタムモデルを見られるのがSEMAショーの魅力のひとつですが、ハンティング仕様が提案されるというのは、まさに米国ならではといえるでしょう。

米国トヨタ・タンドラ の中古車をさがす

【画像】トヨタがすごい「本格狩り仕様」作った!? 「タンドラスポーツマン」の姿とは? 画像で見る(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント