ホンダが復活させた新型「インテグラ」 受注の7割以上がMT仕様! 伝説のスポーツ車に熱視線

ホンダの高級車ブランド「アキュラ」は、米国で発表した新型「インテグラ」の予約注文のうち75%以上がマニュアルトランスミッション仕様であると明らかにしました。

最高出力200馬力を誇る1.5リッターターボを搭載

 ホンダが米国などで展開する高級車ブランド「アキュラ」は、新型「インテグラ」の予約注文のうち75%以上がマニュアルトランスミッション仕様であると発表しました。受注は2022年3月11日(日本時間)にスタートしています。

アキュラ新型「インテグラ」
アキュラ新型「インテグラ」

 北米市場での新型インテグラは、「標準仕様」と「A-Spec」というグレードを展開。さらにA-Specには「アダプティブダンパーシステム(ADS)」などを含む「A-Specテクノロジーパッケージ」も設定されました。

 搭載されるエンジンは、最高出力200馬力を誇る1.5リッター直列4気筒ターボに、CVTまたは6速MTを組み合わせています。

 ボディサイズは、全長185.8インチ(約4719mm)×全幅72インチ(約1829mm)、全高55.5インチ(約1410mm)、ホイールベース107.7インチ(約2736mm)。

 エクステリアは、美しいルーフラインからつながるテールゲートのデザインにより、クーペのようなスタイリングになっています。

ホンダ・インテグラ のカタログ情報を見る

【画像】MT仕様が人気!? 復活の新型「インテグラ」はどんなモデル? 画像を見る(40枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント