トヨタがまさかの新型ミニバン作った! 新型「イノーバEV」世界初公開! 電動MPVが尼で登場

トヨタのインドネシア法人は、新型「イノーバEV」(コンセプト)を世界初公開しました。

フロントグリルは専用デザインを採用

 トヨタのインドネシア法人(PTトヨタアストラモーター)は、2022年3月31日に開幕した「インドネシア国際モーターショー2022」にあわせて、新型「イノーバEV」(コンセプト)を世界初公開しました。

 東南アジアを中心に販売されるMPV(日本でいうミニバン)がEV化されましたが、どのようなミニバンとして登場したのでしょうか。

インドネシアで発表されたトヨタ 新型「イノーバEV」
インドネシアで発表されたトヨタ 新型「イノーバEV」

 イノーバEVのベースとなったイノーバは、インドネシアでは「キジャン・イノーバ」として販売されるモデルです。販売される市場によって細かい仕様や車名が異なります。

 後席両側スライドドアが主流となる日本のミニバンと異なり、後席ドアにヒンジ式ドアを採用。ステーションワゴンにも近い雰囲気を持ちます。

 今回初公開された新型イノーバEVは、ベース車の台形フロントグリル部がパネルで覆われ、グリルレスデザイン化。

 ヘッドライト点灯時にブルーのライトがあわせて点灯するなど、先進性の感じられるデザインで登場しました。

 ブラックとブルーのステッカーがボディサイドに配されたほか、随所に「EV」「ELECTRIC」といったエンブレムも装備します。

 内装の画像も公開され、航続可能距離をインパネ中央のディスプレイで確認できる仕様となっているようです。

 トヨタのインドネシア法人は、コンセプトモデルとして公開したイノーバEVについて「電動化の加速に対する我々の取り組みを象徴するモデル」と説明します。

【画像】トヨタがまさかの新型ミニバンを作った!? 新型「イノーバEV」初公開! 画像で見る(24枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. インド向けの地産地消の最適化である。