東北中央道さらにつながる! 福島~新庄間の「分断」年内解消へ さらに延伸も計画

東北中央道の東根北IC~村山本飯田IC間が、2022年内に開通する見通しです。これにより、東北道の福島から新庄までが1本の道路でつながります。

「泉田道路」は2022年度内開通へ

 東北中央道の東根北IC~村山本飯田IC間8.9kmが、2022年内に開通する予定です。

東根北IC付近の整備状況(画像:国土交通省東北地方整備局)
東根北IC付近の整備状況(画像:国土交通省東北地方整備局)

 2022年3月、国土交通省東北地方整備局が2022年度の予算概要を発表しました。この中で2022年内の開通予定箇所として、東北中央道の東根北IC~村山本飯田IC間を挙げています。

 東北中央道は、福島県相馬市を起点とし、福島市、山形県の米沢市・山形市・新庄市などを経て秋田県横手市に至る延長約268kmの自動車専用道路です。

 完成すると常磐道・東北道・山形道・秋田道などと接続し、福島・山形・秋田各県の高規格道路網を強化することになりますが、現在は、東根北IC~村山本飯田IC間を含む途中の4区間が未開通で、事業が進められています。

 東根北IC~村山本飯田ICは、山形県内陸部の東根市と村山市にまたがります。この区間が開通すると、東北中央道は、東北道の福島JCTから新庄北IC(仮称。現在の新庄北道路の終点)までが、1本でつながることになります。

 東根北IC~村山本飯田ICの2022年度予算は、7億9800万円です。東北地方整備局は、舗装工事などを進めて、2022年内に全線2車線で開通させるとしています。

 なお、新庄北IC(仮称)から北の、昭和IC(仮称)までの「泉田道路」区間8.2kmも工事が進められています。

 新庄市内のこの区間は2車線で、2022年度内に開通する見通しです。

【画像】東北中央道の完成ルートは? 6区間で建設中! 計画の全容を見てみる(14枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント