高速道路初「妖怪ラーメン」がPAに登場! 米国発の次世代自販機、4メニューを24時間熱々提供

米国発の次世代ラーメン自販機が、首都高11号台場線上りの芝浦PAに登場します。カップラーメンに湯を注ぐタイプとは一線を画しています。

羽田空港に続き国内2例目

 2022年3月30日、首都高11号台場線上りの芝浦PA(東京都港区)に、ラーメンの次世代自動販売機「Yo-Kai Express(ヨーカイ・エクスプレス)」が登場します。

「Yo-Kai Express」が作るラーメンのイメージ
「Yo-Kai Express」が作るラーメンのイメージ

 自販機「Yo-Kai Express」は米国のスタートアップYo-Kai Express社が手掛けており、同国を中心に50台以上を展開。ちなみに名前のYo-Kaiは、日本の妖怪がもとになっているといいます。

 日本国内では羽田空港第2ターミナルに続き2例目で、高速道路施設では初です。

 Yo-Kai Expressは、最新のスチーム技術を用いて冷凍具材を解凍・調理します。24時間365日、購入から約90秒で熱々のラーメンを提供することが可能です。

 メニューは「東京Shoyu(醤油)」「札幌Spicy Miso(味噌)」「鶏Yuzu Shio(塩)」「九州Tonkotsu(とんこつ)」の4種類。価格はいずれも790円(税込)。

 決済はクレジットカード(タッチ決済)や交通系IC、nanaco、楽天Edy、WAON、iDといったキャッシュレスのみです。

 また、ラーメンの食べ残しについては、オリジナル冷蔵型ごみ箱が実験的に設置されます。

 においを抑えられる10℃からマイナス5℃に温度を抑えて衛生的な処理を可能とするとしています。

【写真】先入観を裏切る本格派!? 自販機が作る熱々ラーメン4種類を見る(9枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 昔、ニチレイのラーメン自販機が無くなって10年、進化して復活ですね。キャッシュレスにより自販機内部構造の簡素化とメンテナンスの簡素化が達成してますね。後は、残飯対策用の冷蔵ゴミ箱が何処まで有用に利用されるかです。在庫補充に1日1回程度では間に合わない程売れそうかな?