ホンダ新型「ステップワゴン車中泊仕様」はどんな感じ? 世界初?実際に寝転んでみた! 予想外な「シアタールーム空間」とは

ホンダアクセスの純正アクセサリー装着車に触れられるイベントが2022年3月21日に開催されました。そこには新型「ステップワゴン」の純正アクセサリー装着車が展示されましたが、実際に「車中泊仕様」に仕立てた場合、どのような空間が出来上がったのでしょうか。

新型ステップワゴンの車中泊仕様の実車はどうだった?

 2022年3月21日にホンダの純正アクセサリーを手掛けるホンダアクセスによる「キャンプ&車中泊」のイベントが開催されました。
 
 さまざまなホンダ車にホンダアクセスのキャンプ&車中泊アイテムが装着されているなかで、まだ正式発表されていない新型「ステップワゴン」の「SPORTS MIX(スポーツミックス)」の実車を展示。
 
 実際に新型ステップワゴンで車中泊を想定した場合どのような使い方が出来るのでしょうか。

たぶん世界で初めて? 新型ステップワゴンの車中泊仕様で寝転んでみた! ステキなシアター空間に感動!(画像は寝転んだイメージ)
たぶん世界で初めて? 新型ステップワゴンの車中泊仕様で寝転んでみた! ステキなシアター空間に感動!(画像は寝転んだイメージ)

 イベントに展示された新型ステップワゴンは、「エアー(2WD/ガソリン車/8人乗り)」に純正アクセサリーのスポーツミックスを始めとした、さまざまな用品が装着されている仕様です。

 エクステリアでは、「フォグライトガーニッシュ」、「ボディーサイドモール」、「リアコーナーガーニッシュ」、「テールゲートスポイラー」、「アルミホイール(マルチカラー塗装)」、「ドアバイザー」、「マッドガード」、「オートサイドステップ」、「おもてなしフォグランプシステム」などを装着。

 インテリアでは、「11.4インチ Honda CONNECTナビ」や「15.6インチリア席モニター」、「フロアカーペット」、「シートカバー(合皮)」、「インテリアパネル」、「イルミネーション各種」などが装着されていました。

 またイベントが「キャンプ&車中泊」だったこともあり、車中泊を意識した「セパレートカーテン」や「プライベートシェード」などの純正アクセサリーが用意されており、イベントに訪れたユーザーは興味を示していたようです。

 では、新型ステップワゴンで車中泊をおこなう場合、どのようなやり方があるのでしょうか。

 新型ステップワゴンのシートレイアウトでは、先代モデルと同様のアレンジが用意されています。

 とくに車中泊で想定されるものでは、2列目と3列目のリクライニングを倒す後方タイプと、1列目と2列目のリクライニングを倒す前方タイプが挙げられます。

 ただし前述のセパレートカーテンを使う場合は、1列目と2列目が仕切られるため後方タイプのほうが車中泊時の理想的な居住空間となるようです。

 実際に今回のイベントでは車中泊を意識してセパレートカーテンとプライベートシェードを装着した状態で寝転んでみます。

 その状態であれば外からの視線を気にすること無く仮眠や車中泊が可能。

 セパレートカーテンに関しては「シアタールーム」をイメージして開発していることもあり、同じく純正アクセサリーの15.6インチリア席モニターで映像を映し出せばプライベートなシアタールームに早変わりします。

 実際の寝心地自体はそのままのシート形状でも寝ることは出来ますが、市販されているエアマットなどを敷くことでより快適に過ごせます。

 また3列目には両側にUSBポート、片側に12V/180Wのシガーソケット電源も用意されており、快適性も確保されています。

 そのほか、車中泊時の荷物収納に関しては、従来どおり3列目をフラットにした際の下部の空間を使うことが出来るほか、新たに「大型ルーフコンソール」を前席のルーフ部分にオプションで装着することで、ひと目を避けて収納したい小物などを入れておくのに最適です。

※ ※ ※

 今回のイベントでは、先代ステップワゴンで来場する人もおり、「ミニバンはキャンプや車中泊するのに適しているので、純正用品でそれらのアイテムがあるとありがたいですね」と話していました。

ホンダ・ステップワゴン の中古車をさがす

ホンダ・ステップワゴン のカタログ情報を見る

【画像】そんなところからティシュが出てくるの? 車中泊にピッタリな新型ステップワゴンの空間を見てみる!(68枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

6件のコメント

  1. フラットと言うには段差がきついですね。人間は寝ている間に「寝返りをうつ」わけですが、これじゃ安眠できるか疑問。5cm程度の高反発マットが必要かも。座布団程度のクッション何枚かで段差を埋めれば少しは楽でしょう。
    写真の重複が多いですね。分割撮影でステッチングを使えば狭い車内で360度カメラを使わなくとも広角撮影できますよ。

  2. へぇ、結構凄いな。
    ここまでフラットになるのか〜。

  3. これぐらいなら先代でもできてたやん

    • この状態から助手席側最後席を床下にして、靴置き場化した車中泊がベストです。
      運転席と助手席も倒します。

      外に出る時は、普通の前側4つのドアは使いません。
      出るところは、ワクワクゲートのみです。

      私的に、新型にワクワクゲートが無いので残念です。

      車中泊で、外に出る時バックドア全開なんてしたら、虫やら恥ずかしいやら、ワクワクゲートが無いクルマなんて、レジャーにはもう使えないです。

  4. フリスパくらいフラットにならなきゃ
    フルフラットって言えないでしょ

  5. シートアレンジ、形状が最低。寝られない=必要ない。万人受け目指すとこうなる。使える車が出れば買おうと期待していたので残念。シートバリエーションを増やしてセミオーダーするくらいやった方がいい。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー