マツダ新型「ファミリアバンHV」発売! 運転支援機能と外観も一部改良 プチ進化した姿とは?

マツダが「ファミリアバン」を一部改良。新たに加わるハイブリッド車は、どのようなスペックなのでしょうか。

GXグレードの機能・外観を一部改良

 マツダは2022年3月3日、商用車「ファミリアバン」の一部改良を発表しました。

 ハイブリッド車の追加や、ガソリン車の「GX」グレードに運転支援機能と外観変更を加えています。

マツダ「ファミリアバン」ハイブリッド車「GX」グレード
マツダ「ファミリアバン」ハイブリッド車「GX」グレード

 ファミリアバンは、現行の10代目からトヨタのOEM車であり、トヨタの商用車「プロボックス」とは姉妹車の関係にあります。プロボックスの方では、2018年12月にハイブリッド車が追加設定されています。

 今回登場するファミリアバンのハイブリッド車は、スムーズな発進と、伸びのある加速フィーリングを追求。さらにモーターの駆動力制御により車体の上下揺れを減らし、滑らかでフラットな乗り心地とひとクラス上の優れた走行性能を実現したといいます。

 エンジンはクールドEGR(排ガス再循環)システムを採用した1.5リッター連続可変バルブタイミング機構エンジンを搭載。最高出力は74馬力、最大トルクは111Nmです。モーターの最高出力は61馬力、最大トルクは169Nm。

 燃費は、WLTCモードで22.6km/Lを実現しています。

 ガソリン車のGXは、バックモニター内蔵自動防眩インナーミラーを採用。通常時は周囲の光と後方からの光の差に応じて鏡面の反射状態を変化させ、ドライバーの視認性低下を軽減しますが、バック時は、インナーミラー内のディスプレイに後方映像と駐車時の目安ガイドを表示します。

 外観では、フロントバンパーコーナー部とリヤバンパーをボディ色にそろえました。

 なお、バックモニター内蔵自動防眩インナーミラーの採用とバンパー色の変更は、ハイブリッド車のGXにも反映されています。

 ガソリン車は163万3500円(消費税込)からで3月3日発売(GXは179万8500円)。ハイブリッド車は179万8500円(同)からで4月1日発売です。

マツダ・ファミリアバン のカタログ情報を見る

【画像】ド派手フルエアロ! 商用車であることを忘れたトヨタ「サクシード」のカスタム仕様を写真で見る(38枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー