横須賀がさらに行きやすく! 横横道路直結で無料開放される「本町山中有料道路」どんな道?

本町山中有料道路が、2022年3月に無料解放されます。この道路はどのような役割を担っているのでしょうか。

3月21日から無料開放

 神奈川県横須賀市内を走る本町山中有料道路が、2022年3月21日から無料解放されます。

本町山中有料道路の料金所(画像:Googleストリートビュー)
本町山中有料道路の料金所(画像:Googleストリートビュー)

 この道路は、横須賀市の市街中心部を走る国道16号と、三浦半島を縦貫する横浜横須賀道路の横須賀ICを結んでいます。長さは2.6kmです。

 1992年の開通以来、横浜横須賀道路と横須賀市街をつなぐアクセス道路として機能してきました。東京・横浜方面から、交通量の多い国道16号を避けながら、横須賀市役所や横須賀港、三笠公園などのある横須賀の市街中心部に直接入れるメリットがあります。

 通行料金は、普通車が210円、大型車が310円または720円です。

 現在、この道路は神奈川県道路公社が管理していますが、2022年3月20日に料金徴収期間が満了となることから、翌21日に管理が神奈川県に引き継がれ、通行は無料となります。

 なお、未使用の回数券については、無手数料で払い戻しがおこなわれています。本町山中有料道路の料金所では2022年5月8日まで、逗葉新道と三浦縦貫道路の料金所では9月30日までです。なお、手続きは郵便でも受け付けています。

【画像】本町山中有料道路の位置と、高速道路とは一味違う「有料道路」の料金所を見る(11枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー