トヨタの「秘策」新ビジネスが始動! 新車工場でリフォームも!? KINTO社長が描く「新しいクルマの売り方」とは

トヨタとKINTOが新サービス「KINTO FACTORY」を始めます。サブスクサービスで知られるKINTOが“第二のステージ”に乗り出すことになりますが、小寺社長はどのような展望を描いているのでしょうか。

肝は中古車のリフォーム

 トヨタとKINTOが2022年1月下旬から始める新サービス「KINTO FACTORY」に、自動車業界の注目が集まっています。

 主なサービス内容は、「アップグレード」と「リフォーム」です。

トヨタ「アクア」
トヨタ「アクア」

 アップグレードは、インテリジェントクリアランスソナーやブラインドスポットモニターの後付けなど、運転支援に関する装備を最新化するサービスです。

 こうした事業は一部、すでにトヨタ販売店でも取り扱っていますが、近い将来に「KINTO FACTORYの事業として一本化を目指し、合わせてサブスク化に持っていきたい」(KINTO小寺信也社長)といいます。

 もう1つのリフォームについては、日系自動車メーカーのみならず、世界的にみても前例がほとんどないビジネスで、トヨタとして新たなるチャレンジとなりそうです。

 今回の発表では、リフォームの具体的なメニューとして、シート表皮やクッション部分、ステアリングホイールの本革への交換など、作業工程や作業時間が比較的短いものを挙げています。

 一方で、こうしたKINTOが関わるリフォーム事業が多岐にわたる可能性があることを、トヨタ自動車側がすでに示しています。

 実は2021年6月11日にトヨタが開いた「未来を拓く大切なものづくり」というオンライン発表会で、チーフ・プロダクション・オフィサーの岡田政道氏が示唆していました。

 KINTO事業で取り扱う中古車について「中古とは思えない質感、あるいは他にはない外観や内装の提供など、お客さまにとって自分だけの1台をお届けする」として、既販車に対するリフォームとパーソナライズについて触れています。

 その際の質疑応答の中で、新車の生産ライン工場に既販車を持ち込んでリフォーム作業などを行う可能性についても指摘しました。

 今回の発表会見で、この点についてKINTOの小寺社長に質問したところ、「(今回提示したようなアイテムは)ユーザーにとって販売店で取付作業をすることの利便性が高い」とした上で、将来的には「大がかりなものについては、トヨタが全国各地に持つサービス分室に持ち込む。または、新車の製造工場内に専用のサブラインを設置する可能性がある」とさまざまな可能性を示しました。

 自動車産業の常識としては、新車を最終組立工場から販売店向けに出荷し、販売店からユーザーに新車が届いた後、そのクルマが自動車メーカーの工場に戻ってくることは基本的にありませんでした。

 年式がかなり古いビンテージカーの領域では、ドイツのメルセデス・ベンツや、日本ではマツダがメーカーによるレストアサービスをおこなっています。一方で、KINTO FACTORYの場合、想定しているクルマは新車販売から10年前後までが主体となるため、単なるレストア事業ではない、まったく新しいビジネス領域と考えるべきだと思います。

 2022年1月下旬のサービス開始時点では、対象車種はトヨタ車が「アクア」「プリウス」「プリウスα」「アルファード」「ヴェルファイア」の5車種、レクサス車が「UX」「NX」の2車種とし、施工店舗はトヨタ車がトヨタモビリティ東京(芝浦店、U-Car荒川店、U-Car足立島根店)とトヨタユーゼック(カーロッソ浜松)、レクサス車がトヨタモビリティ東京(レクサス荻窪、レクサス東京ガレージ荻窪)の6店舗に絞ります。

 小寺社長は「全く新しいサービスであり、まずスモールスタートで顧客ニーズを精査することから始める」とし、状況に応じて今後、展開する車種、アイテム、地域を適宜拡大する予定だといいます。

 また、KINTO FACTORYはまず日本でスタートし、将来的には海外展開も視野に入れていると説明しました。

【画像】カッコいい…全身黒づくめの「プリウス」を見る!(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント