トヨタ・レクサスが重大発表か!? 新型「bZ」&新型「RZ」に関する最新情報出る? 「バッテリーEV戦略」に関する内容とは

2021年12月14日にトヨタ(レクサス)は、「バッテリーEV戦略」に関する説明をおこなうことを明らかにしています。グローバル市場に向けて発表を予告していますが、どのような発表がおこなわれるのでしょうか。

トヨタ&レクサスのバッテリーEV戦略とは

 トヨタとレクサスは2021年12月9日から10日にかけて、日本をはじめ北米、欧州などのプレスサイトで「バッテリーEV戦略に関する説明会」を同年12月14日に開くとアナウンスしました。

 グローバルに向けて発信される発表とはどのようなものが予想されるのでしょうか。

レクサス新型「RZ」のティザー画像(画像:レクサス中国の公式SNSより)
レクサス新型「RZ」のティザー画像(画像:レクサス中国の公式SNSより)

 バッテリーEV戦略に関する説明会は、14日15時(日本時間)からおこなわれ同社の豊田章男社長が登壇することが明らかになっています。

 また、この発表に関してトヨタは「今回の発表では、トヨタの今後のBEV戦略に焦点を当てます」としており、BEV(バッテリーEV)に関する何らかの発表がおこなわれるようです。

 これまでトヨタは、「プリウス」から受け継がれる電動技術を市場に導入しており、さらなる電動戦略として2025年までに70車種程度に拡充する計画を立てています。

 そのひとつとして、今後2025年までに新たなEVブランドとなる「bZシリーズ」を2021年4月に発表しました。

 bZシリーズとは「beyond Zero(ゼロを超えた価値)」を目指した専用プラットフォーム「e-TNGA」を採用するBEVラインナップです。

 その第一弾となる「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」は、SUVタイプのBEVとして、ワクワク感、走りの魅力、安心・安全性能にこだわったモデルです。

 2022年年央から各市場に導入され、その後、bZ4Xを含む全7車種を順次各市場に投入するとしています。

 なお、bZ4Xはスバルと共同開発しており、スバルからは「ソルテラ」が同時期に市場へ投入される予定です。

 また、ロイターが報じる内容によれば、新たなbZシリーズとしてセダンタイプのモデルも2022年に発表されるといいます。

 前述のように2025年までにbZシリーズ7車種を投入するとすれば、2021年にbZ4X、そして2022年、2023年、2024年、2025年それぞれで1、2車種を投入しなければならないため、ロイターの報道も現実味を帯びています。

 こうした背景もあり、今回のバッテリーEV戦略に関する説明会では、新たなbZシリーズのモデルに関する内容も出てくる可能性は高そうです。

【画像】トヨタ&レクサスのBEVはどうなる? 新型RZ&新型bZ4Xを見ちゃう!(26枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント