スズキが新型SUVを連投!? 新型「ビターラHV」投入予告でイケ顔をチラ見せ! 4WD設定し台湾で登場

スズキの台湾法人は2021年11月19日に新型「ビターラハイブリッド」のティザー動画を公開しました。どんな仕様のSUVとして現地に投入されるのでしょうか。

「ビターラ」のハイブリッド仕様が台湾に登場

 スズキの台湾法人は、2021年11月19日に新型「ビターラハイブリッド」のティザー画像とティザー動画を公開しました。

 スズキが海外で展開するSUV「ビターラ」のハイブリッド仕様となりますが、どのようなクルマなのでしょうか。

スズキ「ビターラハイブリッド」
スズキ「ビターラハイブリッド」

 ビターラは、日本では「エスクード」の車名で販売されたスズキのSUVです。エスクードは4世代にわたって日本でもラインナップされていましたが、2021年11月現在、日本におけるスズキ車のラインナップからは消滅しています。

 そんななか、台湾で登場が予告されたビターラハイブリッドは、駆動用バッテリーにリチウムイオン電池を採用した、SHVS(Smart Hybrid Vehicle by SUZUKI)と名付けられた48Vハイブリッドシステムを搭載。

 1.4リッターターボエンジンと組み合わされ、19.3km/Lという燃費性能を発揮します。4WD仕様には四輪制御システムとしてALLGRIPを搭載しました。

 なお、48Vハイブリッドシステムを搭載したハイブリッド仕様のビターラは、欧州ではすでに販売されており、台湾市場にもハイブリッド仕様が投入されるかたちとなります。

 公開されたティザー動画では、車名や「HYBRID」といったエンブレム、さらにツリ目でスポーティな点灯状態のヘッドライトなどが、暗がりのなかに映し出されています。

 台湾仕様の新型ビターラハイブリッドの先行販売価格も公表されており、2WD仕様が 93万8000台湾ドル(日本円換算で約382万円、1台湾ドル4.08円で計算)、4WD仕様が102万3000台湾ドル(約417万円)です。

※ ※ ※

 スズキは2021年11月25日に、全面刷新した新型SUV「Sクロス」を2021年末より欧州を皮切りに販売開始すると発表しました。

 このとき、スズキは同社のストロングハイブリッドの導入計画として、2022年初めより欧州仕様の新型ビターラに搭載し、2022年後半には新型Sクロスにも搭載すると明らかにしました。

 台湾では48Vハイブリッドシステム搭載仕様がまもなく登場しますが、欧州ではさらに進化した新型ビターラが登場するとみられます。

【画像】ティザー画像から何が見える? スズキが新型SUV「ビターラハイブリッド」を拡販! 公開された画像などを見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント