じつは販売絶好調!? 街でよく見かけるホンダ新型「ヴェゼル」 発売から半年の通信簿とは

2021年4月にフルモデルチェンジを果たし2代目に進化したホンダのコンパクトSUV、新型「ヴェゼル」。ハイブリッドモデルは1.5リッターエンジン+2モーターの「e:HEV」になり、各種最新安全装備などの標準採用など、ライバルひしめくコンパクトSUV市場で存在感を示しています。そんな新型ヴェゼルの発売から半年を見ていきます。

ライバルひしめくコンパクトSUV市場に満を持して登場した新型ヴェゼル

 ホンダのコンパクトSUVである「ヴェゼル」。2021年4月23日に発売されてから半年が過ぎました。発売半年の販売成績はどのようなものかを振り返ってみます。

フルモデルチェンジから半年が経過したホンダ新型「ヴェゼル」
フルモデルチェンジから半年が経過したホンダ新型「ヴェゼル」

 ヴェゼルは、言ってしまえば、Bセグメントのコンパクトカー「フィット」のSUV版です。

 そして、フィットは、車体の真ん中の床下に燃料タンクを配置する「センタータンクレイアウト」を採用するのが特徴です。

 多くのクルマは後席の下に燃料タンクがあるのに対して、フィットの燃料タンクは床下。この違いによって、フィットはライバルよりも後席まわりやラゲッジルームを広くすることができます。

 そんなフィットのSUV版であるヴェゼルも、当然、センタータンクレイアウトを採用していますから、やはり室内空間が広いのが魅力。さらに、ヴェゼルは全長が4330mmもあって、Bセグメントのクルマとしては、少し大きめ。ですから、もう少し大きめなSUVをライバルにすることも可能です。

 ちなみに、トヨタはコンパクトSUVに、Aセグメントの「ライズ」、Bセグメントの「ヤリスクロス」、Cセグメントに「カローラクロス」と「C-HR」という4台を揃えます。

 それに対して、ホンダのコンパクトSUVはヴェゼルひとつ。トヨタよりも、1台でより広いニーズに応えているというのがヴェゼルの特徴となります。

 とはいえ、トヨタがコンパクトSUVをこれほど数多く揃えたのは、ここ数年の話。その前は、逆にコンパクトSUVといえば2013年12月にデビューした初代ヴェゼルが大きな存在感を誇っていました。

 登場翌年の2014年には年間約9万6000台を売り、販売ランキングで7位に入るスマッシュヒットを放ちます。小さいSUVで便利というだけでなく、ルーフの形がクーペっぽくて、おしゃれ&スポーティな雰囲気があったのも初代ヴェゼルの魅力でした。

 そうした、おしゃれでスポーティな雰囲気は、2代目となる現行モデルにも引き継がれました。

 新型のコンセプトは「AMP UP YOUR LIFE」というもので、“日々の生活の楽しさを増幅する”ことが狙いです。そのために「誰もが自信と安心感を持って運転できる」「美しいデザインだけでなく、使う人の所作も美しく見せる」「爽快な運転体験」を提供するといいます。

 具体的には、1.5リッターのハイブリッド「e:HEV」とエンジン車の2種のパワートレインを用意。

 ハイブリッドはモーター駆動中心のスムーズな走りが特徴で、エンジン車はリニアで爽快な加速感が楽しめます。価格はハイブリッド車が約266万円から330万円、エンジン車が約228万円から250万円。月間販売目標は5000台。つまり、年間6万台の販売が目標です。

 先代よりも目標数は低めですが、先代は「ライバル不在」での好成績。今はライバルがひしめきあうという厳しい状況ですから、目標数を下げるのも当然のことではないでしょうか。

【画像】大人気コンパクトSUVホンダ新型「ヴェゼル」を画像で見る(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント