レイズのホイール VMF「C-01」に19インチと新色「シャイニングブラックメタル」が登場!

自動車用のアルミホイールを扱うレイズのVMFブランド「C-01」に追加サイズとカラーが登場しました。

レイズのVMFブランドから新たなサイズとカラーのホイールが登場!

 自動車用アルミホイールを扱うレイズから、VMFブランド「C-01」の追加サイズとカラーが登場しました。

レイズ VMF C-01
レイズ VMF C-01

「静かな走りに余計な音はいらない。」をコンセプトに掲げているVMF C-01は、鍛造ホイールでありながらデザインや乗り心地に特化したホイールです。

 ホイールには、「モードフォージド」を掲げた新しい切り口のデザインが取り入られており、レイズのデザイン金型鍛造工法を用いて、力強さを表現する太いひねりのスポークや、鍛造工法では難しいとされる複雑なデザインなど、なめらかで立体的な造形美を実現しています。

 またデザインだけにとどまらず、今までの「鍛造」=「軽い」/「鍛造」=「スポーツホイール」といった日本の鍛造ホイールイメージを脱し、乗り心地や静粛性に優位なホイール開発をおこない、技術の向上に繋げています。

 従来は20インチホイールのみの取り扱いでしたが、今回待望の19インチのホイールが登場。

 カラーは、新たに「シャイニングブラックメタル/ダイヤモンドカット」が追加され、従来の光輝調シルバーよりも輝きが増しており、光を受けると輝き、陰で見ると黒色にも見えます。

 ダイヤモンドカットは、スポーク天面に施されていて、リム外周部の切削はタイヤとの境界をはっきりさせ存在感を強調させています。

 価格は9万1300円から11万1100円です。

【画像】デザインや乗り心地に特化したレイズのホイールVMF「C-01」の新モデルをもっと見る!(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 進行性のあるホイルはその前後しか交換できないので僕は嫌いです。