トヨタ 新型SUV「ライズGRスポーツ」発表! 「販売平均7割」を誇る爆売れスポーツ仕様が改良仕様を連投! 尼で登場

トヨタのインドネシア法人は、「ライズGRスポーツ」の改良モデルを「ガイキンドインドネシア国際オートショー2021(GIIAS2021)」で発表しました。日本のライズにはないスポーティ仕様ですが、どんな特徴があるのでしょうか。

GRスポーツ仕様が高い人気を誇るインドネシア市場

 トヨタのインドネシア法人は、2021年11月11日から21日に開催された「ガイキンドインドネシア国際オートショー2021(GIIAS2021)」で、小型SUV「ライズ」のGR(TOYOTA GAZOO Racing)仕様となる「ライズGRスポーツ」の改良モデルを発表しました。

 日本で販売されるライズにはないスポーティ仕様ですが、どんな特徴があるのでしょうか。

インドネシア仕様のトヨタ新型「ライズGRスポーツ」
インドネシア仕様のトヨタ新型「ライズGRスポーツ」

 ライズGRスポーツは、インドネシア市場で2021年4月30日に現地仕様のライズとあわせて発表されたモデルで、フロント/リアバンパー、サイドスカートに専用のエアロパーツを装着しています。

 内装はファブリックとレザーのコンビシートとなるほか、レザーステアリングホイール、パドルシフトを採用。運転時にもスポーティな雰囲気を感じられるSUVに仕上がっています。

 今回、トヨタのインドネシア法人はライズ以外にも、「ラッシュ」、「フォーチュナー」、「アギア」、「ヤリス(日本と異なる海外向け仕様)」の各GRスポーツ仕様を改良し、GIIAS2021で発表しています。

 インドネシア市場においてGRスポーツ仕様の需要は高く、トヨタのインドネシア法人によるとモデル内のGRスポーツの販売比率は平均で77%を記録しているといいます。

 そんななか、ライズGRスポーツを含む各車のGRスポーツ仕様では、今回新たにGRロゴ入りの新しいステアリングホイールを採用したほか、エンジンスタート/ストップボタン、ヘッドレストカバーもGRロゴ入りのものに変更。

 車内のディスプレイに表示されるオープニングアニメーションもGRスポーツ仕様となっています。

 さらに、ラッシュのGRスポーツではフロント/リアバンパーが新デザインとなるなど、モデル別にさらなる改良もおこなわれています。

 トヨタのインドネシア法人(PTトヨタアストラモーター)で副社長を務めるヘンリー・タノト氏は、新型ライズGRスポーツを含む、インドネシアでラインナップされるGRスポーツ各車について次のようにコメントします。

「インドネシアでラインナップされる5車種のGRスポーツ仕様は、モデル内の平均販売構成が77%に達しており、お客さまからの高い評価に感謝しています。

 なかには、GRスポーツ仕様の販売構成が80%から90%に達するモデルも存在します。

 今回の改良により、TOYOTA GAZOO RacingのモータースポーツDNAをテーマとしたスポーティモデルをより充実させ、スポーティなテイストを好む個々のお客さまのニーズの高まりに応えていきます」

トヨタ・ライズ のカタログ情報を見る

【画像】トヨタSUV「ライズGRスポーツ」が進化! 専用エアロのスポーティな外観がイカしてる 実車などを画像で見る(18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント