最強4WD車にバイデン氏もご満悦! GM「ファクトリーゼロ」誕生! ハマーEVは年内納車開始へ

GMが、EV専用の組立工場「ファクトリーゼロ」を開設しました。式典にはバイデン大統領も出席し、生産の進む「ハマーEV」にも試乗しています。この工場はGMがEVシフトを推進するうえでの重要なカギとなりそうです。

米国デトロイトにEV専用工場を開設

 ゼネラル・モーターズ(GM)は2021年11月17日、米国ミシガン州デトロイトで、EV専用の組立工場「ファクトリーゼロ」の開所式を開催しました。

 GMが旧デトロイト・ハムトラムク組立工場に22億ドルを投資し、2年足らずで全面改修が完了。

 この日開かれた式典には、バイデン大統領をはじめ国際UAW(全米自動車労働組合)やUAWローカル22の指導者、工場の従業員らが出席し、開所を祝いました。

「ハマーEVピックアップ」のハンドルを握り笑顔のバイデン大統領
「ハマーEVピックアップ」のハンドルを握り笑顔のバイデン大統領

 GMの会長兼CEO(最高経営責任者)であるメアリー・バーラ氏は「この日は、GMチーム全体にとって記念すべき日です。私たちは最高品質の電気自動車を製造するために、世界で最も優れた最先端の技術を用いてファクトリーゼロを再構築しました」と述べています。

 名称は、GMのビジョンである「事故ゼロ、排出ガスゼロ、渋滞ゼロの世界」にちなんでおり、さらにこの施設の重要な役割を表しています。

 ファクトリーゼロは、フル稼働時には2200人以上の従業員を雇用。

 この工場では、ピックアップトラックのGMC「ハマーEV」2022年モデルのほか、「ハマーEV SUV」2024年モデル、ピックアップトラックのシボレー「シルバラードEV」、自動運転車の「クルーズ・オリジン」などが生産される計画です。

 ハマーEVの予備生産は2021年秋に開始され、年内には納車が始まります。

 ファクトリーゼロで生産されるすべてのEVは、GMのEV戦略の中心である「ウルティウム・プラットフォーム」上で製造されます。

 ウルティウム・プラットフォームは、共通の車両アーキテクチャーと、バッテリーセル、モジュール、パック、ドライブユニット、EVモーター、統合パワーエレクトロニクスなどの推進コンポーネントを包含しており、EVを生産する工場の基本となるものです。

 GMは、このウルティウム・プラットフォームを通じて機械・工具・組立工程の共通化と合理化を図り、追随する組立工場の設備投資の削減と効率化が可能になるといいます。

 また、バーチャルツールを使い生産技術チームと並行して作業を進めることで、製造開始までの期間を2年から1年未満へと半減させています。

 GMはすでに、EVや自動運転車に350億ドル(約4兆円)を投資すると表明しており、2025年までにEVモデルを30種類以上導入する計画です。

 GMの副社長でグローバル・マニュファクチャリング&サステナビリティ担当のジェラルド・ジョンソン氏は、「GMの北米におけるEV組み立て能力は、2025年までに20%、2030年までに50%に達する予定です。ファクトリーゼロは、今後世界中の工場でおこなわれるEVシフトのモデルとなります」と述べています。

【画像】バイデン氏の「ファクトリーゼロ」視察と、ずらり「ハマーEV」の組み立て風景(22枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント