16年ぶり復活! 三菱 新型SUV「エアトレック」初披露へ 11月中旬に公開 年内に中国発売予定

三菱の中国における合弁会社「広汽三菱」は、2021年11月19日に開幕する広州モーターショーに新型「エアトレック」を出展します。中国市場専用の電動車として車名が復活する新型エアトレックは、どんなクルマなのでしょうか。

車名が復活する新型「エアトレック」の特徴は?

 2021年11月16日、三菱の中国における合弁会社「広汽三菱」はウェイボー(Weibo:中国のSNS)を更新。新型「エアトレック」を2021年11月19日に開幕する広州モーターショー2021で発表することを告知し、外観画像もあわせて投稿しました。

 エアトレックは、2005年まで「アウトランダー(初代)」の日本仕様に用いられていた車名で、およそ16年ぶりの復活となります。

広汽三菱が2021年11月16日にSNSに投稿した新型「エアトレック」の画像
広汽三菱が2021年11月16日にSNSに投稿した新型「エアトレック」の画像

 中国市場で販売される新型エアトレックは、電気自動車の新型SUVとして登場します。

 2021年4月に開催された上海モーターショー2021でイメージ段階のデザインが先行公開されていましたが、このとき三菱は新型エアトレックについて「“Electric(電気自動車の「電気」)” “Expanding(カーライフの「拡張」)” “Expressive(三菱自動車らしさの「表現」)”という3つのキーワードからなる「“e”-cruising SUV」というコンセプトを元にデザインした」と説明していました。

 新型エアトレックのフロントフェイスには、三菱車共通のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用。

 存在感あるフロントフェイスとしただけでなく、シルバー加飾が用いられ先進的な雰囲気に仕上げられたほか、ボディサイドには「EV」のエンブレムも確認できます。

※ ※ ※

 新型エアトレックは中国市場専用の電動車として、2021年内に同市場で発売予定と三菱はアナウンスしています。

三菱・エアトレック のカタログ情報を見る

【画像】16年ぶりに復活! 三菱新型SUV「エアトレック」世界初披露へ 公開された画像などを見る(15枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント