世界遺産がより近くに 「平泉スマートIC」の開通日決定! 東北道の一関~平泉前沢間に開設

東北自動車道の一関IC~平泉前沢IC間に「平泉スマートIC」ができます。この開通により世界文化遺産登録の中尊寺や毛越寺などへのアクセスが向上します。

ETC専用・24時間利用可

 東北自動車道で建設が進められてきた平泉スマートICが、2021年12月4日15時に開通します。

平泉スマートICの完成イメージ(画像:NEXCO東日本)
平泉スマートICの完成イメージ(画像:NEXCO東日本)

 平泉スマートICは上下線のいずれも出入りができる本線直結・フルインター型です。

 一関ICから4.4km北側、平泉前沢ICから7.1km南側の、岩手県平泉町の南部に開設されます。ETC専用で、24時間、全車種が利用可能です。

 このスマートICの開通により、世界文化遺産に登録されている平泉(中尊寺や毛越寺など)へのアクセスが向上。

 さらに高田前工業団地も近くにあるため、物流面の効率アップも見込まれます。

 通行料金(普通車)は、浦和本線から9300円(ETC深夜割引6510円・休日割引6760円)、仙台宮城ICから2660円(深夜・休日1860円)、盛岡南ICから2340円(深夜・休日1640円)です。

【画像】平泉スマートICの位置と通行料金表(7枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント