最新スタッドレスはどう進化? 新ブリザックVRX3の性能をスケートリンクで試してみた

今シーズン新たに登場したブリヂストンのスタッドレスタイヤ「BLIZZAK(ブリザック)VRX3」。その試走会が、千葉・船橋にあるスケートリンクで開催されました。氷上ブレーキ性能20%向上を謳う新商品ですが、初代ブリザックとの比較、そしてゴムだけ同じスリックタイヤとの比較で、スタッドレスタイヤやゴムの進化を体感しました。

1988年に登場した初代「ブリザックPM20」とも比較した

「今度のBLIZZAK(ブリザック)は凄い!」これがアイス路面での試乗を終えての筆者の感想です。

ブリヂストンの新スタッドレスタイヤ「ブリザックVRX3」の試走会の様子
ブリヂストンの新スタッドレスタイヤ「ブリザックVRX3」の試走会の様子

 粉塵公害、騒音公害などにより、スパイクタイヤの製造が法律で禁止されたのが1990年ですが、ブリヂストンのスタッドレスタイヤはそれよりも前の1982年から販売を開始しています。そして初代ブリザックが誕生したのが1988年です。

 それから33年、ブリザックは進化に進化を重ね、第11世代になりました。それが「ブリザックVRX3」です。

 画期的な発泡ゴムを使ったトレッドコンパウンドがブリザックの売りです。

 ゴムの表面にある小さな窪みがタイヤとアイスバーンの間の水を吸い取り、水膜を切り裂いて直接アイス路面に接触することでタイヤのグリップ力を発揮します。

 走行してタイヤが擦り減ってもゴムの気泡が次々と出現するために、水を吸い取る能力が衰えないのもメリットです。

 さて、この発泡ゴムはブリザックのモデルチェンジごとに進化していますが、最新のVRX3はフレキシブル発泡ゴムと呼ぶ楕円形の気泡になりました。単なる球形ではなく少し長い楕円形になったので、毛細管効果で水を吸い取る能力が高まったということです。

 三井不動産アイスパーク船橋というアイススケート場で開催されたブリザックVRX3の試乗会に参加することができたので、そこでのインプレッションをお伝えしましょう。

 最新のプリウスに最新ブリザックVRX3を履かせたものと、1988年に登場した初代ブリザックPM20の復刻版を履かせたものという極端な比較試乗から始まりました。

初代ブリザックPM20との比較試乗もおこなわれた
初代ブリザックPM20との比較試乗もおこなわれた

 もちろん当時のタイヤそのものだと硬くなっていて使えないので、装着された初代ブリザックは当時のゴムを再現、そしてパターンは手彫りでおこなった復刻版です。つまり、初代と最新のスタッドレスタイヤを乗り比べることで、ブリザック33年の進化の歴史を体感できる、というものです。

 まずは初代PM20装着のプリウスで走ります。当然ながらグリップ限界が低く、アクセル、ブレーキ、ハンドルのどれを使ってもすぐに限界を超えて滑ってしまうので、とても丁寧な運転をしないと走れません。確かに昔のスタッドレスタイヤはこんな感じだったな、と思い出させてくれました。

【画像】ブリヂストン新ブリザックVRX3試走会の様子を画像でチェック(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント