ド派手カスタムが迫力満点! フォードがSEMAショーにカスタムモデル40台出展

米国フォードは2021年10月29日、同年11月2日から5日にラスベガスで開催されるSEMAショー2021において、SUVからトラック、電気自動車までカスタムモデル40台以上を展示すると発表しました。

11月2日からラスベガスで開催されるSEMAショー2021

 米国フォードは2021年10月29日、同年11月2日から5日にラスベガスで開催されるSEMAショー2021において、SUVからトラック、電気自動車までカスタムモデル40台以上を展示すると発表しました。

アメリカで一番売れているピックアップトラック「F-150」をベースにしたカスタムカー「Addictive Desert Designs F-150 Raptor」もSEMAショー2021に出展される
アメリカで一番売れているピックアップトラック「F-150」をベースにしたカスタムカー「Addictive Desert Designs F-150 Raptor」もSEMAショー2021に出展される

 アフターマーケットの主要なカスタマイズショップと共同で作られた40台以上のフォードのプロジェクト車両は、ユーザーが自由にパーソナライズして楽しむための機会を生み出しています。フォードの車両パーソナライズ・アクセサリ担当グローバルディレクター、エリック・シン氏は「私たちはアフターマーケットと積極的に協力して製品のデザインを共有し、ユーザーが自分のクルマを自由にカスタマイズできるようにして、すべて自分の思うような1台を作り上げることができるようになります」とコメントしています。

 フォードは2020年、フォードパフォーマンスパーツとして多くのアクセサリーを発表しました。eコマースサイトを立ち上げ、エンジンからポップアップテントまでオンラインで購入し、自宅に発送することが可能になったといいます。

 こうしたアクセサリー事業は、コロナ禍の2020年から右肩上がりで成長しているそうです。

 SEMAショーに出展される1台、「Tucci Maverick(トゥッチ マーベリック)」は、往年のレーシングカーにインスパイアされたモデルで、ピックアップトラック「マーベリックXLT」がベースです。Tucciが3Dプリンターで制作したフェンダーを搭載、ラリー車にインスパイアされたスポイラーを装備しています。またレトロなカスタムホイールに太いタイヤ、ローダウンで精悍な雰囲気を醸し出しています。

 また「Shelby Mustang Mach-E GT Concept(シェルビー・マスタング・マッハE GTコンセプト)」は、シェルビー・アメリカン社によるコンセプトカーで、フォードの次世代EVであるマスタング・マッハEをベースにカーボンファイバー製ボディパーツを採用、空力特性を向上させています。キャロル・シェルビー氏が夢見た電動パフォーマンスにインスパイアされたこのコンセプトは、伝説的なパフォーマンスブランドの可能性を感じさせるものに仕上がっています。

「Mustang EcoBoost HPP(マスタング・エコブーストHPP)」は、ティールグリーンのカスタムペイントが目立つカスタムカーです。大径ホイールとアンダーソン・コンポジット社製のエアロパーツを搭載、ルーフ上にはサーフボードを載せることが可能でカリフォルニア・クルーザーという別名が与えられています。

Mustang EcoBoost HPP(マスタング・エコブーストHPP)
Mustang EcoBoost HPP(マスタング・エコブーストHPP)

 そのほかにもアメリカで一番売れているピックアップトラック「F-150」や「F-250」「F-450」などFシリーズをベースとしたカスタムモデルも多数出展されます。

 
※ ※ ※

 SEMAショーとは、毎年ラスベガス・コンベンションセンターで開催される自動車用アフターマーケット向け見本市で、チューニングショップなどのデモカーが数多く出展されます。近年では自動車メーカーの出展も多く、いわば「アメリカ版東京オートサロン」といった様相です。

 ラスベガス・コンベンションセンターの正面玄関近くのフォード・アウトブースでは、参加者とメディアがブロンコのオフロード性能を体験できる「ブロンコマウンテン」コースをはじめて用意するといいます。

【画像】北米版東京オートサロン!? SEMAショーに出展されるフォードのカスタムカーを見る(14枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント