「ハッチバック」は単なる小型車にあらず! 大人にふさわしい「プレミアムハッチ」が魅力的

「ハッチバック」はコンパクトカーの代名詞のように捉えられていますが、最近では大人が乗るにふさわしい、高品質なハッチバックが充実してきています。高品質な上級ハッチバックの魅力はどのようなところにあるのでしょうか。

上級車からのダウンサイジングでも違和感がないプレミアムハッチ

「ハッチバック」と聞くと、「コンパクトカー」を連想する人が多いかもしれませんが、ハッチバックはあくまでもボディ形状の違いを分類しただけであり、決して安価で小さめのクルマの代名詞ではありません。

 とくに最近では高品質なハッチバックが続々登場。上質感のある内外装を持ち、それでいて扱いやすいサイズの「プレミアムハッチバック」が注目を集めています。

3ナンバー化でプレミアム感がアップした日産「ノート オーラ」
3ナンバー化でプレミアム感がアップした日産「ノート オーラ」

 環境意識の高まりもあって大排気量エンジンを搭載したモデルが数を減らすなか、また、子育てを終えた世代がミニバンなど大きいボディを持て余すケースも増えており、エンジンやボディサイズを「ダウンサイジング」したい人の受け皿としての需要が高まっているのです。

 大人が乗るのにふさわしく、また上級モデルから乗り換えにも対応できる上質なハッチバックにはどのようなモデルがあるのでしょうか。

●日産「ノート オーラ」

 日産のコンパクトカーとしてすっかり定着した「ノート」。2020年12月に登場した現行モデル3代目は第2世代の「e-POWER」を搭載したハイブリッド専用車となりました。

 そんなノートの上級モデルとして2021年に登場したのが「ノート オーラ」です。

 ノート オーラはノートとほぼ同じ全長4045mm×全幅1735mm ×全高1525mmというサイズですが、全幅を40mm拡大して3ナンバー化。さらに15インチタイヤが標準のノートに対し、ノート オーラは17インチを装着しています。

 パワートレインは、ノートと同じ1.2リッターエンジン+モーターを使用しながら、ノート オーラは制御の変更によりモーターの出力を20馬力アップさせた136馬力へと変更し、スムーズで力強い加速が味わえるひとクラス上の走りを実現しました。

 そして大人にふさわしいハッチバックとして重要なのが、インテリアの質感と充実した装備でしょう。

 人間工学に基づき疲労軽減を目的に開発された「ゼログラビティシート」を全車搭載。

 フルTFTで視認性に優れた、先進感のある「アドバンスドドライブアシストディスプレイ(12.3インチカラーディスプレイ)」はインパネ中央に配置された9インチディスプレイと一枚につながり、美しさと機能性を両立しています。

 安全装備も、5つのカメラや3つのミリ波レーダー、8個のソナーで周囲を検知する全方位運転支援技術を搭載。

 運転支援技術「プロパイロット(ナビリンク機能付)」は地図情報を取り込むことで、コーナーの大きさなどを事前に把握し、スムーズに曲がれるように車速をコントロールする機能も備えています。

 さまざまな点においてノートとは一線を画す上質感を身につけたノート オーラは、高級車から乗り換える人にも最適なプレミアム感が味わえる1台です。

【画像】高級感&上質感が◎! 大人な「プレミアムハッチ」がキテる!(36枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント